蘊・奥

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
蘊・奥
読み ウン・ノウ
外国語表記 Un Nou
登場作品
テンプレートを表示
プロフィール
種族
【ASTRAY R】
人間 (ナチュラル)
【VS ASTRAY】
人間 (カーボンヒューマン)
性別
職業 剣豪
グレイブヤードの墓守
所属 グレイブヤード (ASTRAY R)
ライブラリアン (VS ASTRAY)
主な搭乗機
テンプレートを表示

概要 [編集]

デブリ帯に浮かぶ居住衛星『グレイブヤード』にたった一人で住まう老人。その老いた姿に似合わず、MSのコクピットまでジャンプできる跳躍力をはじめとした凄まじい身体能力と剣技を持つ剣豪である。さらにナチュラルなのにMSの操縦まで出来る(劇中世界の時間軸ではまだストライクダガーが生産されていない)。

グレイブヤードは元々忘れ去られた古い時代の技術(劇中の回想シーンでは番傘張り、器、三味線、染物など、なぜか日本古来の技術ばかりが登場していた)を受け継ぐ最後の後継者たちが移り住み、静かな余生を過ごすための場所であったが、ザフトの攻撃で廃棄コロニーとなった後、その技術を狙う略奪者たちが後を絶たず、薀・奥はそれを迎え撃つ役割を果たしていた。彼以外の技術者たちがみな死に絶えた後も、彼らの遺した職人技のデータを守り抜くため、彼は戦い続けていたのである。

そこにやってきたのがジャンク屋ロウ・ギュールであった。エネルギー消費の少なく威力のある名刀『ガーベラストレート』を求めてやってきた彼を当初は馬鹿にしていたものの、彼の強い信念と男気に触れ、少しずつ彼を認めていく。そして最期には彼に自分の刀鍛冶としての技術と剣技を託し、略奪者の攻撃の前に命を散らすまでに至った。病に冒された身を引きずってまで戦って傷を負い、虫の息になりながらも、彼は最期までロウに会えたことを感謝し続けた。

こうして壮絶な最期を遂げたはずの彼だったが、『VS ASTRAY』において謎の組織『ライブラリアン』が若かりし全盛期の姿(とは言え他のメンバーに「おじいちゃん」と言われるなど、壮年期は過ぎているようだ)でカーボンヒューマンとして復活させた。ガーベラストレートに匹敵する名刀『タイガーピアス』を携えたレッドフレームのコピーに乗り込み、ロウに戦いを挑んできた。しかし同時にロウを庇おうともするなど、真意は謎。

登場作品と役柄[編集]

機動戦士ガンダムSEED ASTRAY R
初登場作品。
機動戦士ガンダムSEED VS ASTRAY
カーボンヒューマンとして再登場。

人間関係[編集]

伝八
共に墓守をしている愛犬。
ロウ・ギュール
刀鍛冶及び剣士としての弟子。最終的には剣の極意のひとつ『活人剣』を会得するまでに成長した彼に悪態をつきながらも、奥は心底喜んでいた。

名台詞[編集]

「ほう…ただのネズミではなさそうじゃの」
初めてグレイブヤードにやってきた際、奥はロウたちを略奪者だと疑い攻撃を仕掛けた。バクゥの攻撃や幾重にも張り巡らされた罠を突破して進むロウたちを見て感嘆しての台詞。
「お前相当の……バカらしいな」
折れたガーベラを打ち直すと宣言したロウに向かって。この頃の奥はまだロウを馬鹿にしていた。
「こやつ…ただがむしゃらに先走るヤツかと思ったら…驚いた吸収力のある奴じゃ…!!! 面白い奴―――!!!
度重なる奥の駄目出しに負けずにガーベラを打ち直すロウを心中で褒める台詞。この後、侵入してきた略奪者相手にガーベラがその威力を発揮したことで、奥はロウを正式に認め始めることとなる。
「ハハハハ!! お前は大馬鹿天井知らズじゃな!!」
地球で回収した巨大なレアメタルを「全部」使ってロウが巨大な150ガーベラストレートを作り上げた際の台詞。ちなみに「ズ」は誤植ではない。原文である。
「死ぬ前にお前が来てくれて良かった。あの巨大な剣を造る業が見られて良かった」
奥の遺言(一部)。150ガーベラを作り上げたロウを褒め称えながら、彼は静かに息を引き取った…。なお、この時だけ奥の一人称が「私」である。

搭乗機体・関連機体[編集]

蘊・奥専用ジン
『ASTRAY R』での搭乗機。
バクゥ
グレイブヤードでロウ達を襲う際、生身で機体の背中から跳躍し切りかかった。その間、機体の操縦は伝八が担当しており、犬でも操縦できるよう、前足で押さえるだけで機体が直進するように操縦レバーが改良されている。
ガンダムアストレイ レッドフレーム レプリカ
『VS ASTRAY』でロウと対決する際に搭乗。
ジンハイマニューバ2型
『VS ASTRAY』でネブラブリッツガンダムと戦闘する際に搭乗。

資料リンク[編集]

リンク[編集]