ガンダムアストレイ ブルーフレームセカンドG

提供: ガンダムWiki
Jump to navigation Jump to search

MBF-P02 second G ガンダムアストレイ ブルーフレームセカンドG(Gundam Astray Blue Frame Second G)[編集]

概要[編集]

サーペントテールで運用されているモビルスーツガンダムアストレイ ブルーフレームを改修した機体。「G」はセカンドLとの区別のために劾の頭文字から取られている。
改修作業はモルゲンレーテ社の技術主任であるエリカ・シモンズロウ・ギュールによって行われた。叢雲劾が伝えた強化プランで胴体と脚部、両肩が改修されている。胴体はストライクルージュの余ったフェイズシフト装甲を利用して二重装甲となっている。これは、省電力で済むよう外部装甲の圧力センサーがダメージを感知したら通電するというアイデアで同時期に地球連合軍が開発したトランスフェイズ装甲と同じものである。両肩は劾が設計したフィンスラスターとなっている。このスラスターはバックパックに匹敵する推力を生み出すことができ、強制的な姿勢変更や緊急回避などを可能としている。脚部は新たにアーマーシュナイダーを隠し武器として内蔵したものとなった。頭部とバックパックは通常時と同じものだが、破壊されたため再生産されている。

本機の頭部とバックパックを換装した姿がガンダムアストレイ ブルーフレームセカンドLである。時系列的にはセカンドLの状態が先に登場している。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士ガンダムSEED X ASTRAY

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

トランスフェイズ装甲
コックピット周辺の装甲。偶然トランスフェイズ装甲と同じ機能となった。
換装
装備を換装可能。

武装・必殺攻撃[編集]

75mm対空自動バルカン砲塔システム「イーゲルシュテルン」
頭部に2門内蔵されている。
ビームライフル
プロトアストレイシリーズ専用のライフル。
ビームサーベル
バックパックに2基装備されている。
対装甲コンバットナイフ「アーマーシュナイダー」
今まで使用していたものに対ビームコーティングを施した改良型。運動性能を邪魔するシールドの代わりにナイフで防御するために施された。両大腿部に2基、両脚の爪先と踵に計4基装備されている。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

ガンダムアストレイ ブルーフレーム
原型機。
ガンダムアストレイ ブルーフレームセカンドL
頭部とバックパックを換装した姿。
ガンダムアストレイ ブルーフレームセカンドリバイ
セカンドLをさらに改造した姿。
ガンダムアストレイ ブルーフレームサード
ジャングル戦用に改修した姿。
ガンダムアストレイ ブルーフレームフォース フルアーマー・フェイズシフト
太陽付近ミッション用の姿。

商品情報[編集]

リンク[編集]