2020年2月5日(水)および2月19日(水)10:00~13:00に、上位プロバイダによるメンテナンスのため、wikiサービスの停止が発生します。ご利用のみなさまには大変ご不便をおかけしますが、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

ハイペリオンGR

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ハイペリオンGR
外国語表記 Hyperion GR
登場作品 機動戦士ガンダムSEED DESTINY ASTRAY R
テンプレートを表示
スペック
分類 試作型モビルスーツ
型式番号 CAT1-VGR
主動力 バッテリー
開発組織 アクタイオン・インダストリー社
所属 アクタイオン・インダストリー社
主なパイロット 無人 (AI)
テンプレートを表示

概要[編集]

アクタイオン・インダストリー社の技術主任であるヴァレリオ・ヴァレリハイペリオンGをベースに改造したモビルスーツ。機体名称の「G」は原型機の「Ground Type」ではなく「Good」を由来としており、地上限定ではなく空間戦闘も可能としている。「R」は「Right」を意味し、対となる機体にハイペリオンGLが存在する。

この機体のコンセプトはヴァレリオが搭乗するガンダムアストレイ ターンレッドの護衛随伴機であり、GLと合わせて左右から機体を防御することを目的としている。本機の武装はバックパックの右側にアルミューレ・リュミエール発生器、左側に機関砲ポッド、携行武装は右腕にザスタバ・スティグマト、左腕にシールドを装備している。機体カラーは白を基調とし、一部が青色となっている。機体の操縦はAI「80」が担当し、「トリオシステム」によって無人機でありながらガンダムアストレイ ターンレッドとハイペリオンGLとの高度な連携行動を可能としている。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士ガンダムSEED DESTINY ASTRAY R

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

モノフェーズ光波防御シールド「アルミューレ・リュミエール」
右ウイングバインダー先端に内蔵されている光学防御兵装。原型機と同じく1基のみだが対となるハイペリオンGLと合わせて護衛対象を左右から守ることが可能。機体前面に向けてビーム刃を発振する事で、ビームランスとしても使用可能。
トリオシステム
DIアダガに搭載されていたバディシステムを模倣したシステム。ガンダムアストレイ ターンレッドとハイペリオンGLとの高度な連携行動を可能としている。
80
8 (ハチ)に開発させた機動兵器用のAI。本機の操縦の全てを担当するためパイロットの操縦は必要としていない。

武装・必殺攻撃[編集]

RFW-99ビームサブマシンガン「ザスタバ・スティグマト」
本機の主兵装。ビーム兵器ではあるが、発砲にエネルギーを充填した薬莢型パワーセルを内蔵した専用マガジンを使用するため、普通のマシンガンと同じように一発撃つたびに薬莢が出るようになっている。また、マズルとセンサーの間にビームナイフ発振器が1基内蔵されており、銃剣として使えるだけでなく射出する事も可能。
ビームナイフ「ロムテクニカRBWタイプ7001」
両腕、両脚に1基、スティグマトに1基装備したビームナイフ。柄にバッテリーが内蔵されてるため機体稼働時間に影響がない。
ビームキャノン「フォルファントリー」
ウイングバインダーの先端部のビームキャノン。パワーセルの供給が続く限り連射可能である。
GAU-8M2 52mm機関砲ポッド
左マウントラッチに装備されている機関砲。旋回するため背部に撃つことも可能。レイダー制式仕様105ダガーに装備されている武装と同じ物。
対ビームシールド
表面に対ビームコーティングが施されているシールド。ダガー系の機体に採用されている物と同じ物。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

ハイペリオンG
原型機。
ハイペリオンGL
本機の対となる機体。
量産型ハイペリオン
ハイペリオンガンダムの量産型。

商品情報[編集]

リンク[編集]