2020年2月5日(水)および2月19日(水)10:00~13:00に、上位プロバイダによるメンテナンスのため、wikiサービスの停止が発生します。ご利用のみなさまには大変ご不便をおかけしますが、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

レイダー制式仕様

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
レイダー制式仕様
外国語表記 Raider Full Spec
登場作品
デザイン 大河原邦男
テンプレートを表示
スペック
分類 強襲用量産型可変モビルスーツ
型式番号 GAT-333
全高 17.94m
重量 不明
主動力 バッテリー
装甲材質 トランスフェイズ装甲
開発組織 地球連合軍
所属 地球連合軍
主なパイロット
テンプレートを表示

概要[編集]

地球連合軍が開発した量産型可変モビルスーツスカイグラスパーだけでは空戦能力が不十分だったために開発されることとなった。開発が開始されたのはレイダーガンダムより先だが就任は後となった。これはレイダーガンダム自体が本機を一部簡略化して急遽建造された機体であるためである。そのためレイダーが先行配備型となったため、そのデータは本機にフィードバックされている。

本機はレイダーを本来の開発計画に基づいて開発した機体であり武装は実体弾が中心となっており、レイダーに装備されていたツォーンや2連装52mm超高初速防盾砲、ミョルニルは運用に難があるためか採用されていない。スラスターの総数は減らされているが、より高出力なターボジェットエンジンが搭載されているため依然高い飛行能力を持つ。主翼にはフラップとウイングレットが追加された。MA形態時にはサブアームにウェポンプラットホームとして使用可能な副翼が装備されている。内部にはラムジェットエンジンが搭載されており、大気圏突入時に使用される。MS形態時にはこの副翼に乗ることも可能。この副翼にオプションを装備して大気圏離脱後、再突入して強襲するという戦法が可能で強襲能力はレイダーより高い。さらにレイダーと同じくサブ・フライト・システム的な運用も可能。後には対MS戦を想定した装備に換装した後期型が存在する。

登場作品と操縦者[編集]

SEED MSV
出典元。
機動戦士ガンダムSEED DESTINY スペシャルエディションIII 運命の業火
ベブンズベース攻防戦にて登場。3機のウィンダムともにレジェンドガンダムと交戦するもまとめて撃破された。

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

トランスフェイズ装甲
通常装甲とフェイズシフト装甲を組み合わせた二重装甲。通常装甲の裏側に圧力センサーを設置し、攻撃を受けた時にのみフェイズシフト装甲をアクティブ化させる事でエネルギー消費を抑えている。また通常装甲は色が変化しないので、敵機からエネルギー残量を把握されにくい。
変形
モビルアーマー形態に変形可能。

武装・必殺攻撃[編集]

M2M3 76mm機関砲
両肩に内蔵されている機関砲。MA形態時のみ使用可能。
M20 20mmクロー部機関砲
クローの基部に内蔵されている機関砲。
副翼
MA形態時に保持される副翼。ウェポンプラットホームとしての機能がある他、翼自体をブレードに見立てて切断することも可能。
GAU-8M2 52mm機関砲ポッド
副翼上面のパイロンに2丁装備されている機関砲。モビルスーツ形態では携行火器としても使用可能。
AIM-957F キングコブラ赤外線誘導短距離AAM
MA形態時の両肩に装備されるミサイル。
MX703G ビームライフル
後期型に装備されているライフル。52mm機関砲ポッドと交換する形で装備する。
短距離プラズマ砲「アフラマズダ」
後期型に装備されているビーム兵器。クロー部機関砲と交換する形で装備される武装で、レイダーと同じ物。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

レイダーガンダム
先行配備型。
ゲルプレイダー
アクタイオン・プロジェクト」によって開発された機体。本機をベースにして開発されている。

商品情報[編集]

リンク[編集]