2020年2月5日(水)および2月19日(水)10:00~13:00に、上位プロバイダによるメンテナンスのため、wikiサービスの停止が発生します。ご利用のみなさまには大変ご不便をおかけしますが、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

アクタイオン・プロジェクト

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

アクタイオン・プロジェクト(Actaeon Project)[編集]

アクタイオン・インダストリー社が進めたエースパイロット用カスタマイズMS開発計画。

計画の推移[編集]

ユニウス条約が締結された影響で、核エンジンモビルスーツの動力にしようとしていた地球連合軍も方向転換を余儀なくされた。そのためエースパイロット用に高性能モビルスーツが開発されることとなった。

開発されたモビルスーツ[編集]

豊富な運用データのある初期GAT-Xシリーズの機体を元に開発された。初めに設計データのまま再製造され、その機体で運用試験が行われた。その運用データを元にカスタマイズされた5種類の機体が開発されている。この他にも計画を利用してモビルスーツが開発されているが、大抵は私物化して行われている。

登場作品[編集]

機動戦士ガンダムSEED C.E.73 STARGAZER
この計画で開発された、ストライクノワールブルデュエルヴェルデバスターが登場する。
機動戦士ガンダムSEED C.E.73 Δ ASTRAY
上記の3機に加えて、ネロブリッツロッソイージスが登場する。
機動戦士ガンダムSEED DESTINY ASTRAY R
アクタイオン・インダストリー社の技術主任であるヴァレリオ・ヴァレリが登場する。また、ブラウカラミティロートフォビドゥンゲルプレイダーガンダムアストレイ ターンレッドが登場する。
機動戦士ガンダムSEED DESTINY ASTRAY B
ガンダムアストレイノワールが登場する。

開発されたモビルスーツ[編集]

初期GAT-Xシリーズ[編集]

ブルデュエル
デュエルガンダムの再設計機。近接戦闘に特化している。
ヴェルデバスター
バスターガンダムの再設計機。より火力に特化しているが、近接戦闘にも対応可能となっている。
ストライクE
ストライクガンダムの再設計機。全体的な性能が高められている。一部のストライカーパックも改良されている。
ストライクノワール
「I.W.S.P.」を改良した「ノワールストライカー」を装備した形態。
ネロブリッツ
ブリッツガンダムの再設計機。この計画の目的とは異なるが、条約に反して核エンジンが搭載されている。
ロッソイージス
イージスガンダムの再設計機。可変形態が増加している。

後期GAT-Xシリーズ[編集]

ブラウカラミティ
カラミティガンダムの再設計機。この機体の開発に予算が食い潰され、フォビドゥンガンダムレイダーガンダムの再設計機が製造できなくなってしまった。
ロートフォビドゥン
フォビドゥンヴォーテクスをベースに改修した機体。水中用から汎用機に戻されている。
ゲルプレイダー
レイダー制式仕様をベースに改修した機体。武装はレイダーを参考としている。

その他[編集]

ガンダムアストレイノワール
ガンダムアストレイの再生機。「ノワールストライカー」を装備している。
ガンダムアストレイ ターンレッド
再生機の予備パーツで建造された機体。「タクティカルアームズII」を2基装備している。

リンク[編集]