フォビドゥンガンダム

提供: ガンダムWiki
Jump to navigation Jump to search

GAT-X252 フォビドゥンガンダム(Forbidden Gundam)[編集]

概要[編集]

後期GAT-Xシリーズに属する試作型モビルスーツで、X200系フレームを採用している。敵地への電撃侵攻がコンセプトで、敵機からの集中攻撃を無効にするためにトランスフェイズ装甲ゲシュマイディッヒ・パンツァーを装備している他、武装も強襲用の物を搭載している。背部のバックパックを上半身に被るようにする事で高速強襲形態となり、大気圏内でも飛行が可能になる。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士ガンダムSEED
オーブ解放作戦時に初めて実戦投入され、カラミティガンダムレイダーガンダムと共にフリーダムガンダムジャスティスガンダムと互角の戦いをしてみせた。その後も何度も交戦する。ボアズ攻略戦第二次ヤキン・ドゥーエ攻防戦にも参戦し、ジンゲイツを多数撃墜したが、デュエルガンダムとの戦闘でフレスベルグを直撃させて撃破したと思って油断した隙に、アーマーをパージして攻撃を防いだデュエルの接近を許してしまい、ビームサーベルでコクピットを貫かれ、撃破された。

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

トランスフェイズ装甲
フェイズシフト装甲の改良型。バイタルパート周辺部の通常装甲の内側にフェイズシフト装甲を備え、着弾時にのみ相転移するようになっている。これによってエネルギー消費を大幅に抑える事に成功している。
エネルギー偏向装甲「ゲシュマイディッヒ・パンツァー
ブリッツガンダムの搭載していたステルスシステム「ミラージュコロイド」の原理を応用した対ビーム防御システム。背部ユニットに装備されており、磁場を発生させてビームの軌道を偏向し、自機への直撃を避けるというもの。アグニ等の高出力ビームすら容易に偏向可能。しかし、至近距離からのビームは曲げられず、ビームサーベルのような接近戦用武装への効果は限定される。また、実弾兵器も防げないが、TP装甲を持つ本機では問題にならない。使用時に大量の電力を消費するが、新型の大容量ジェネレーターやTP装甲の採用による省電力化により、充分実用的な稼働時間が確保されている。
後に、この技術を応用した戦略兵器「レクイエム」が建造されている。

武装・必殺攻撃[編集]

75mm対空自動バルカン砲塔システム「イーゲルシュテルン」
頭部に内蔵された近接防御機関砲。ストライクガンダム等に装備されている物と同じ。
115mm機関砲「アルムフォイヤー」
両腕部に内蔵された武装。固定火器なので、他の武装を保持しつつ使用できる。
重刎首鎌(じゅうふんしゅれん)「ニーズヘグ」
格闘戦用の武装。その刀身にはグレイブヤードからもたらされた特殊精錬技術が用いられているらしい。PS装甲には通用しないが、通常装甲なら簡単に切り裂く事ができる。
誘導プラズマ砲「フレスベルグ」
背部ユニットに内蔵された高出力ビーム兵器。ビームの軌道を自在に偏向でき、それによって、敵機の意表を突く形で攻撃する。
88mmレールガン「エクツァーン」
背部ユニットに設置された実弾兵器。フレスベルグのビーム軌道を偏向する役割も兼ねている。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

フォビドゥンブルー
フォビドゥンをベースに開発された、連合軍初の水中用MS。
ディープフォビドゥン
フォビドゥンブルーの制式採用機。
フォビドゥンヴォーテクス
ディープフォビドゥンの量産仕様機。
ロートフォビドゥン
アクタイオン・プロジェクトで開発されたカスタマイズ機。フォビドゥンヴォーテクスをベースにして開発された。
ブリッツガンダム
同じX200系フレームが採用されている前期GAT-Xシリーズの機体。
カラミティガンダムレイダーガンダム
他の後期GAT-Xシリーズの機体。

商品情報[編集]

リンク[編集]