デュエルガンダム アサルトシュラウド

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
デュエルガンダム アサルトシュラウド
外国語表記 Duel Gundam Assault Shroud
登場作品 機動戦士ガンダムSEED
デザイン 大河原邦男
テンプレートを表示
スペック
正式名称 デュエル
分類 汎用試作型モビルスーツ
型式番号 GAT-X102
全高 17.5m
重量 103.47t
主動力 バッテリー
装甲材質 フェイズシフト装甲(本体のみ)
開発組織
所属組織 ザフト軍
所属部隊
パイロット イザーク・ジュール
テンプレートを表示

概要[編集]

地球連合軍から鹵獲したデュエルガンダムに独自開発した追加装備「アサルトシュラウド」を装着した形態。ザフト製のモビルスーツとは規格が異なっている為、専用の物を新造している。この装備は火器やスラスターを内蔵した複合装甲によって機体の火力や機動力、防御力を向上させる為の物であるが、本機にはフェイズシフト装甲が採用されているため、主に火力と機動性の強化用として装着されている。装着後は重量が100tを超え、重力下での戦闘では機動性が大きく低下する欠点もあるが、バックパックや脚部にスラスターが増設されているため、宇宙での機動性はむしろ向上している。緊急時には装備をパージする事も可能であり、これによって高い機動性を求められる戦闘にも対応可能となっている。

後に、連合でもアサルトシュラウドと同じコンセプトの追加装甲「フォルテストラ」が開発されており、ロングダガーやデュエルダガー、ブルデュエルに装備されている。

なお、大抵のゲームではアサルトシュラウド装備時もフェイズシフト装甲が装備されている。言うまでもなく、『強化後の方が防御力が下がる』という状態を回避する事、及び他のSEED系ガンダムとの性能差の問題が理由である。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士ガンダムSEED
劇中ではキラ・ヤマトエールストライクガンダムとの戦闘で損傷したデュエルの修復と同時に装着され、イザーク・ジュールが乗り込んで実戦に投入された。しかし、アフリカでの戦闘ではレセップスの甲板から飛び出した本機がバスターガンダム共々、砂に脚を捕られて埋もれていくなど、その重量が仇となる事も少なくなかった。その後、第二次ヤキン・ドゥーエ攻防戦にてフォビドゥンガンダムと交戦し、相手の攻撃をアサルトシュラウドをパージする事で防ぎ、その爆発に気を取られた隙にビームサーベルでこれを撃破するという戦果を挙げた。

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

フェイズシフト装甲
一定の電圧を持つ電流を流して相転移させる特殊装甲。その際、装甲には色がつく。実弾兵器をほぼ無効化でき、単独での大気圏突入も可能だが、高出力のビーム兵器の前には無力である。
本機の場合はデュエル本体にのみ採用されており、アサルトシュラウドはフェイズシフト装甲ではない。
分離
アサルトシュラウドを分離する。

武装・必殺攻撃[編集]

75mm対空自動バルカン砲塔システム「イーゲルシュテルン」
頭部に2門装備されている近接防御機関砲。用途はミサイルの迎撃や接近してくる敵機への牽制及び威嚇。
57mm高エネルギービームライフル
主兵装のビームライフルで、モビルスーツを一撃で撃破できる威力を持つ。銃身下部にグレネードランチャーを装備している。連合兵からの評価が高く、後に少数が量産された。
175mmグレネードランチャー
ビームライフルの銃身下部に装備されている武装。原作ではピースメーカー隊の旗艦・ドゥーリットルの艦橋に撃ち込み、撃沈している。
ビームサーベル
バックパックの左右マウントホルダーに搭載されており、ストライクの物と同じ。『デュエル』(=決闘)の名を冠する白兵用の本機の思想を体現する最重要装備。2本のうちの1本は予備であり、エネルギー消費の関係上、二刀流は好ましくないが、イザークは接近戦を好み、二刀流で優秀な戦果を挙げている。中でも、シャニ・アンドラスの搭乗するフォビドゥンガンダムを撃破したシーンは有名。
220mm径5連装ミサイルポッド
アサルトシュラウド装備後の追加武装。バスターガンダムの武装を参考にしたと思われる。
115mmレールガン・シヴァ
アサルトシュラウド装備後の追加武装。インド神話における破壊神の名を冠する武器。実体弾を電磁加速で撃ち出す武装で、速射性と威力に優れる反面、PS装甲には通用しない。その特性から、PS装甲を持たない複数の敵を相手取る場合を想定した武装と思われる。アサルトシュラウドの追加武装の中で最も強力な武装だが、対ストライクガンダム戦には不向きであり、汎用性や他の部隊との交戦の際の運用を想定していたのかもしれない。打倒ストライクを誓うイザークとしては複雑だろう。
対ビームシールド
ビームの粒子を反射・拡散させる特性を持つ特殊塗料を施されたシールド。一般的なモビルスーツのビーム兵器に対してなら充分な防御力を持つ。

対決・名場面[編集]

ストライクガンダム
ストライクを大気圏突入まで追い込み、アークエンジェルをザフト勢力圏内に落とす事に成功するが、自身も地球に降下することとなってしまう。
この時に避難民の乗ったシャトルを脱走兵と誤認して撃墜したことがキラのトラウマとなり、停戦後にイザーク自身も軍法会議にかけられる事となる。
イージスブリッツとの合流後もストライクを追い回していたが、蹴り飛ばされたり、足を撃ち抜かれてグゥルから転落するなど目立った戦果は挙げられなかった。
フォビドゥンガンダム
ヤキンドゥーエ攻防戦にて交戦する。ストライクルージュを庇い撃墜されたかと思われたが、アサルトシュラウドをパージしてビームサーベルの二刀流にて撃墜した。

関連機体[編集]

デュエルガンダム
素体。
ブルデュエル
「アクタイオン・プロジェクト」で改修された機体。
レーゲンデュエルガンダム
ライブラリアンが独自に再設計した機体。
ジンアサルトシグーアサルト
アサルトシュラウドを装備している機体。本機のアサルトシュラウドの元となった。

商品情報[編集]

リンク[編集]