2020年2月5日(水)および2月19日(水)10:00~13:00に、上位プロバイダによるメンテナンスのため、wikiサービスの停止が発生します。ご利用のみなさまには大変ご不便をおかけしますが、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

ブルデュエル

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ブルデュエル
外国語表記 Blu Duel
登場作品 機動戦士ガンダムSEED C.E.73 STARGAZER
デザイナー 大河原邦男
テンプレートを表示
スペック
分類 近接戦用試作型モビルスーツ
型式番号 GAT-X1022
全高 16.89m
重量 84.24t
主動力 バッテリー
装甲材質 ヴァリアブルフェイズシフト装甲
開発組織 アクタイオン・インダストリー社
所属組織 地球連合軍
所属部隊 ファントムペイン (ホアキン隊)
主なパイロット ミューディー・ホルクロフト
テンプレートを表示

概要[編集]

アクタイオン・プロジェクト」に基づいて開発されたデュエルガンダム(再製造機)を改修したモビルスーツストライクノワールヴェルデバスターとの連携運用を想定しており、近接戦闘用に強化されている。

機体に追加されているアーマーはロングダガーデュエルダガーが装備していた「フォルテストラ」の発展型である。これはフェイズシフト装甲で出来ており、防御力が高く、武装やスラスターも追加されているので火力や機動力も増強されている。また、アーマーはパージできない完全固定式となっており、運動性の低下を最小限にまで抑える事に成功している。

ちなみにガンプラでは「ブルデュエルガンダム」名義だが、公式では「ブルデュエル」と表記されている。
本来コズミック・イラ世界での「ガンダム」名称はキラ・ヤマトがストライクを起動させた時のOSの頭文字を繋げて「ガンダム」と読んだ事から広がった愛称であり、連合軍は最初のGだけを取って「G兵器」と呼ばれている。よってブルデュエルの表記が適正だが、コズミックイラにおいてはOSの頭文字を繋げてガンダムと読めるMSを「~ガンダム」と表記する事が多く、デュエルガンダムの再生機を改修している本機もまたガンダムタイプに分類できる為、「ブルデュエルガンダム」と言う表記も決して間違いと言う訳ではない。
本項では後者に準じている。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士ガンダムSEED C.E.73 STARGAZER
ファントムペインのホアキン隊で運用され、ザフト軍のモビルスーツを多数撃破したが、陸上戦艦ボナパルトの護衛中の戦闘でケルベロスバクゥハウンドの集中攻撃を受け、撃破された。その様はまるで獲物に群がるハイエナのようであった。

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

ヴァリアブルフェイズシフト装甲
フェイズシフト装甲の改良型。装甲に掛ける電圧を調整できるようになっており、エネルギー消費の効率化を図っている。その影響で装甲の色が変化するようになった。

武装・必殺攻撃[編集]

M2M5 トーデスシュレッケン12.5mm自動近接防御火器
頭部に2門内蔵された近接防御火器。ダガーLなどの物と同型。
Mk315 スティレット投擲噴進対装甲貫入弾
ウィンダムが装備している投擲武器。本機は左肩に収納されている。
M443 スコルピオン機動レールガン
右肩に装備された武装。通常装甲の敵を一撃で撃破する威力を持つ。
M7G2 リトラクタブルビームガン
前腕部のアーマーに格納されたビームガン。ストライクノワールのビームライフルショーティーと同じ特徴を持つ。
ES05A ビームサーベル
脚部にマウントされている格闘兵装。ダガーLなどの物の改良型。
対ビームシールド
右肩に設置された防御兵装。スコルピオンの上に重ねるようにして取り付けられている。

対決・名場面[編集]

ケルベロスバクゥハウンド

関連機体[編集]

デュエルガンダム
ベース機。
ロングダガー フォルテストラ / デュエルダガー フォルテストラ
本機の追加装甲のベースとなった「フォルテストラ」を装備している機体。

商品情報[編集]

ガンプラ[編集]

リンク[編集]