ヴェルデバスター

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ヴェルデバスター
外国語表記 Verde Buster
登場作品 機動戦士ガンダムSEED C.E.73 STARGAZER
デザイナー 大河原邦男
テンプレートを表示
スペック
分類 支援用試作型モビルスーツ
型式番号 GAT-X103AP
全高 18.46m
重量 99.36t
主動力 バッテリー
装甲材質 ヴァリアブルフェイズシフト装甲
開発組織 アクタイオン・インダストリー社
所属組織 地球連合軍
所属部隊 ファントムペイン (ホアキン隊)
主なパイロット シャムス・コーザ
テンプレートを表示

概要[編集]

ストライクEブルデュエルと同じく「アクタイオン・プロジェクト」で再製造されたバスターガンダム (再製造機)を改修したモビルスーツ。「ヴェルデ」はイタリア語で「緑」を意味する。

ストライクEやブルデュエルを後方から支援する目的で改修されており、火力がベース機よりも増強されている。最新のFCSを搭載し、センサー系も強化された他、機動性の低下を補う為に肩部にスラスターを増設している。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士ガンダムSEED C.E.73 STARGAZER
パイロットはシャムス・コーザ
ファントムペインのホアキン隊が運用し、ザフト軍モビルスーツシビリアンアストレイDSSDカスタムを多数撃墜した。しかし、同僚のミューディーの仇を討つべく、帰還命令も無視して憎しみに身を任せていた為、最後はエネルギー切れでフェイズシフトダウンを起こしたところをシビリアンアストレイに囲まれ、集中砲火を受けて撃破された。

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

ヴァリアブルフェイズシフト装甲
フェイズシフト装甲の改良型。装甲に掛ける電圧を調整できるようになっており、エネルギー消費の効率化を図っている。その影響で装甲の色が変化するようになった。

武装・必殺攻撃[編集]

350mmガンランチャー
バスターの右腰に装備されていた武装。本機は右肩に移設されている。
94mm高エネルギービーム砲
バスターの左腰に装備されていた武装の改良型。左肩に移設されている。そのため、バスターのようにガンランチャーと連結しての運用は不可能になっている。
220mm多目的ミサイル6連装ポッド
両肩に内蔵された実弾兵器。
M9009B 複合バヨネット装備型ビームライフル
両腰に新たに装備された武装。先端にはバヨネット(銃剣)が設置され、接近戦もある程度は可能となった。また、ライフルを連結する事で長射程のビームキャノンとしても使用可能。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

バスターガンダム (再製造機)
ベース機。

商品情報[編集]

ガンプラ[編集]

リンク[編集]