2020年2月5日(水)および2月19日(水)10:00~13:00に、上位プロバイダによるメンテナンスのため、wikiサービスの停止が発生します。ご利用のみなさまには大変ご不便をおかけしますが、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

カラミティガンダム

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
カラミティガンダム
外国語表記 Calamity Gundam
登場作品 機動戦士ガンダムSEED
デザイン 大河原邦男
テンプレートを表示
スペック
正式名称 カラミティ
分類 支援用試作型モビルスーツ
型式番号 GAT-X131
全高 18.26m
重量 81.48t
動力 バッテリー
装甲材質 トランスフェイズ装甲
開発組織 地球連合軍
所属 地球連合軍
母艦 タラワ級パウエル ⇒ ドミニオン
パイロット オルガ・サブナック
テンプレートを表示

概要[編集]

地球連合軍が開発した試作型モビルスーツで、後期GAT-Xシリーズの1機。「Calamity」は「災厄・疫病神」を意味する。

デュエルバスターストライクと同系統のX100系フレームを採用。バスターの後継機として、全身に搭載された多数の火器による後方からの火力支援に主眼を置き開発された。新型バッテリーやトランスフェイズ装甲を採用による省電力化で、エネルギーリソースのほとんどを火器の充実に回す事が可能となり、バスターを上回る圧倒的な火力を実現できた。しかし格闘用の兵装は装備しておらず、バスターと同様接近戦は不得手。接近戦を挑まず、後方から戦局を見渡す事が出来る機体特性から、指揮官機としての機能も備える。[1]

大気圏内での飛行は不可能だが、水上をホバー移動する事が可能。砲戦用MSでありながら後期GAT-Xシリーズの中では重量が一番軽く、大気圏内ではレイダーガンダムの背部に乗って出撃する事も多かった。

本機のバリエーションとして、近接戦用装備を搭載したソードカラミティが開発されている。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士ガンダムSEED
パイロットはオルガ・サブナックオーブ解放作戦で初めて実戦投入され、ボアズ攻略戦や第二次ヤキン・ドゥーエ攻防戦でも圧倒的な火力で多数の敵機を葬った。最後はキラとアスランの連携攻撃によって撃破されている。
機動戦士ガンダムSEED DESTINY
第1話冒頭のシン・アスカの過去シーンに登場。フリーダムとの撃ち合いの直後、シンの両親とマユが死亡。双方どちらかの流れ弾に巻き込まれたと思わしき描写がされている。

装備・機能[編集]

特殊能力[編集]

トランスフェイズ装甲
フェイズシフト装甲の改良型。バイタルパート周辺部の通常装甲の内側にフェイズシフト装甲を備え、着弾時にのみ相転移するようになっている。これによってエネルギー消費を大幅に抑える事に成功している。表面は通常装甲のためフェイズシフトダウンが敵に露呈することも防いでいる。

武装・必殺攻撃[編集]

125mm2連装高エネルギー長射程ビーム砲「シュラーク」
背部に2門装備されたビーム砲。通常のビームライフルの2倍以上の威力を持ち、連射性にも優れる。エネルギー供給はバックパック内の大容量ジェネレーターから行われる。
337mmプラズマサボット・バズーカ砲「トーデスブロック」
本機の携行武装。プラズマで包んだ弾頭を高速で発射するため、通常のバズーカを上回る破壊力を持つ。
580mm複列位相エネルギー砲「スキュラ」
胸部に内蔵されたビーム砲。イージスの物と同一。構える必要がなく予備動作無しで撃てるため、速射性にも優れる。
115mm 2連装衝角砲「ケーファー・ツヴァイ」
シールドに内蔵されたビーム砲。主に中近距離で使用される。
シールド
本機専用の装備。ザフトローラシア級戦艦の装甲部材を参考にした対ビームシールド。先端は接近戦時の打突武器としても使用される。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

ソードカラミティ
カラミティガンダムの近接戦仕様機。
ブラウカラミティ
アクタオン・プロジェクトで開発されたカスタマイズ機。
バスターガンダム
原型機。
デュエルガンダム / ストライクガンダム
同じX100系のフレームを採用している。
フォビドゥンガンダム / レイダーガンダム
同じく後期GAT-Xシリーズに属する機体。この2機との連携を前提に開発されている。

余談 [編集]

  • パイロットであるオルガを演じた涼平氏は、特撮作品『仮面ライダー龍騎(りゅうき)』で仮面ライダーゾルダの変身前役・変身後の声当てを担当していたので、「ガンダムゾルダ」とネタにされる事がある。ちなみにそのゾルダも砲撃が得意なライダーだった。

商品情報[編集]

ガンプラ[編集]

フィギュア [編集]

資料リンク[編集]

リンク[編集]

脚注[編集]

  1. もっとも、パイロットとなったオルガ達はチームワークが希薄だっため、指揮官機としての能力が活かされることはほとんどなかった。