ロッソイージス

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ロッソイージス
外国語表記 Rosso Aegis
登場作品 機動戦士ガンダムSEED C.E.73 Δ ASTRAY
デザイナー ビークラフト
テンプレートを表示
スペック
分類 試作型可変モビルスーツ
型式番号 GAT-X303AA
主動力 バッテリー
装甲材質 フェイズシフト装甲
開発組織 アクタイオン・インダストリー社
所属組織 地球連合軍
所属部隊 ファントムペイン
主なパイロット エミリオ・ブロデリック
テンプレートを表示

概要[編集]

アクタイオン・プロジェクト」に基づいて開発されたイージスガンダム(再製造機)を改修したモビルスーツ。型式番号の「AA」は「アドヴァンス・アクセラレイション(進歩した加速度)」の略であり、「ロッソ」はイタリア語で「赤」を意味する。

外見上はベース機とほぼ同一だが背部に追加されたウイングバインダーにより、新たに複数の可変形態に変形が可能になった。ベースとなったイージスと同様の巡航形態と突撃形態の他に、MS形態でもスキュラが使用可能となる砲撃形態、MS形態のまま大気圏内飛行が可能となる飛行形態、不整地での移動を目的とした多脚形態が追加されている。頭部のセンサーも強化されている。また、動力部分に核エンジン用の余剰スペースがあったことから条約違反前提に作られていたようだ。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士ガンダムSEED C.E.73 Δ ASTRAY

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

フェイズシフト装甲
通電させる事で相転移する特殊な装甲で、物理攻撃を無効化する。通常はグレー一色だが、通電させると色が変化する。大気圏突入なども可能になるが、エネルギーを大量に消費する上、高出力のビーム兵器などには弱いという欠点もある。
変形
巡航形態、突撃形態、砲撃形態、飛行形態、多脚形態のいずれかに変形可能。

武装・必殺攻撃[編集]

60mm高エネルギービームライフル
イージスガンダムと同様の専用ビームライフル。構成部材、デバイスはストライク等と同じだが、口径が拡大され形状も異なっている。両腕にマウントすることができる。
ビームサーベル
両腕・両脚のデバイスから出力する武装。固定装備なので、抜刀の動作が要らないが、通常のビームサーベルと用法が異なる。蹴りに連動して使う事も出来る。MA形態でも使用可能。
580mm複列位相エネルギー砲「スキュラ」
本体に内蔵された大口径エネルギービーム砲。ベース機と異なり砲撃形態が追加されたため、モビルスーツ形態でも使用可能となっている。また、この形態時に両腕に接続されるウイングバインダーはフォビドゥンガンダムのフレスベルグの技術を応用した磁場発生装置としての役割を持ち、ビームをある程度偏向することが可能となっている。突撃形態でも偏向することができるかは不明。

対決・名場面[編集]

ターンデルタ

関連機体[編集]

イージスガンダム
ベース機。
フォビドゥンガンダム
この機体の技術の一部が本機に応用されている。
ネロブリッツ
僚機。

商品情報[編集]

リンク[編集]