ガンダムアストレイ レッドドラゴン

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ガンダムアストレイ レッドドラゴン
外国語表記 GUNDAM ASTRAY RED DRAGON
登場作品 機動戦士ガンダムSEED DESTINY ASTRAY R
デザイナー 阿久津潤一
テンプレートを表示
スペック
分類 汎用試作型モビルスーツ
型式番号 MBF-P02
主動力 バッテリー
装甲材質 発泡金属装甲
開発組織 モルゲンレーテ社(機体本体)
開発者 ロウ・ギュール(ドライグヘッド、カレトヴルッフ)
所属 ジャンク屋組合
主なパイロット ロウ・ギュール
テンプレートを表示

概要[編集]

ロウ・ギュールが保有するモビルスーツガンダムアストレイ レッドフレームの頭部をドライグヘッドに換装し、背部にカレトヴルッフを3基装備した状態。「レッドドラゴン」の名は機体シルエットとカレトヴルッフの名に由来する伝承を元に名付けられた。

背部に装備されるカレトヴルッフはフライトユニットを介して装備されており、プロペラントタンク兼のウイングを取り外し、そこにカレトヴルッフをマウントする用のアームを追加している。カレトヴルッフにはミラージュコロイド散布装置が搭載されており、それを利用してフライトユニットよりも安定した姿勢制御を可能としている。頭部のドライグヘッドはカレトヴルッフとの連携を想定した機能が搭載されており、ミラージュコロイドの制御能力や各種センサーの強化が可能となっている。また、V字アンテナの後部からビームアンテナを展開可能で用途によって様々な形に変えられる。これ以外にも多くの能力が隠されているらしいが、作った本人もよく分かっていない。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士ガンダムSEED DESTINY ASTRAY R

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

パワーシリンダー
ジャン・キャリーが開発した強化型駆動システム。小型化したことで腕部に組み込まれている。

武装・必殺攻撃[編集]

75mm対空自動バルカン砲塔システム「イーゲルシュテルン」
頭部に2門内蔵されている機関砲。
ビームサーベル
本体バックパック上部に2基装備されている。
ガーベラ・ストレート
腰部左側に帯刀されているMSサイズの日本刀。MSを一刀両断に出来るほどの切れ味を誇り、ビームをも切り裂く事が出来る。
カレトヴルッフ
背部に3基装備されているロウが自作したモビルスーツ用の多機能ツール。溶接用トーチ、ビルドナイフ、ビルドカッターを組み合わせている。大剣や銃のような形状であるが武器ではない。民間MSは武装禁止であるためリミッターが設定されているが、自己防衛などの際に簡単に解除可能である。また、ミラージュコロイドの散布機能を持つ他、相手のミラージュコロイド機能を無効化することも可能である。使用時には用途に応じて変形・分離する。この装備は後にジャンク屋組合で正式に量産され、販売されている。ロウは将来的に最大7つの機能を付ける予定としている。
Sモード
基本形態。刃を組み替えることで両刃剣から長い片刃剣となる。また、2基のカレトヴルッフをこの形態で繋げることでアンビデクストラス・ハルバードとなる。
Gモード
射撃用形態。本機では背部に装備したままビームを発射することも可能。
溶接用トーチ
カレトヴルッフのグリップ部を構成する作業用ツール。
ビルドナイフ
カレトヴルッフの短い刃部分を構成するナイフ。2基のビルドナイフを連結することでツインソードとなる。
ビルドカッター
カレトヴルッフの長い刃部分を構成するカッター。2基のビルドカッターを連結することでロングソードとなる。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

ガンダムアストレイ レッドフレーム / ガンダムアストレイ レッドフレーム フライト・ユニット
素体。

商品情報[編集]

ガンプラ[編集]

リンク[編集]