2020年2月5日(水)および2月19日(水)10:00~13:00に、上位プロバイダによるメンテナンスのため、wikiサービスの停止が発生します。ご利用のみなさまには大変ご不便をおかけしますが、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

ガンダムアストレイ レッドフレーム フライト・ユニット

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

MBF-P02 ガンダムアストレイ レッドフレーム フライト・ユニット(Gundam Astray Red Frame Flight Unit)[編集]

概要[編集]

ガンダムアストレイ レッドフレームにフライト・ユニットを装備した状態。オーブにて修理した際にM1アストレイのバックパックを独自に改良して装備している。装備するにあたり本体のバックパックを下方に移動し接続している。8 (ハチ)がいればユニット単独での飛行が可能となる。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士ガンダムSEED ASTRAY

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

分離
フライト・ユニットを分離する。

武装・必殺攻撃[編集]

75mm対空自動バルカン砲塔システム「イーゲルシュテルン」
頭部に2門内蔵されている。
ビームライフル
プロトタイプアストレイシリーズ専用のもの。
ビームサーベル
連合製のものとほぼ同性能のもの。エネルギー消費が激しいからか、あまり使用しない。
ガーベラ・ストレート
腰部左側に装備されているMSサイズの日本刀。MSを一刀両断に出来るほどの切れ味を誇り、ビームをも切り裂く事が出来る。

重斬刀やアーマーシュナイダーなどの他の実体剣とは全く性質が異なるこの武装を使いこなすために、OSのモーションパターンに日本剣術の達人である蘊・奥の動きが加えられ、機体にもその動きを行えるように調整がなされている。

対ビームシールド
GAT-Xシリーズに使用されている物と同一デザインの盾。内側の面が黒、突起部が赤のカラーリングになっている。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

ガンダムアストレイ レッドフレーム
素体。

商品情報[編集]

リンク[編集]