2020年2月5日(水)および2月19日(水)10:00~13:00に、上位プロバイダによるメンテナンスのため、wikiサービスの停止が発生します。ご利用のみなさまには大変ご不便をおかけしますが、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

ガンダムアストレイ レッドフレーム パワードレッド

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ガンダムアストレイ レッドフレーム パワードレッド
外国語表記 Gundam Astray Red Frame Powered Red
登場作品
デザイナー 阿久津潤一
テンプレートを表示
スペック
分類 汎用試作型モビルスーツ
型式番号 MBF-P02
全高 17.53m
主動力 バッテリー
装甲材質 発泡金属装甲
開発組織 モルゲンレーテ社(本体)
開発者 ジャン・キャリー(パワーシリンダー)
所属 ジャンク屋組合
母艦 リ・ホーム
主なパイロット
【メイン】
ロウ・ギュール
【サポート】
8 (ハチ)
テンプレートを表示

概要[編集]

ロウ・ギュールが保有するモビルスーツガンダムアストレイ レッドフレームの両腕部にパワーシリンダーを組み込んだ状態。ガーベラ・ストレートVol.2を扱うために開発された。

パワーシリンダーはジャン・キャリーによって開発された強化型駆動システムであり両腕部が大型化している。ガーベラ・ストレートVol.2を扱えるようになっているため通常のモビルスーツの比較にならない程のパワーを持っており、単純な格闘攻撃でもフェイズシフト装甲の機体にダメージを与えられるほどである。

後にパワーシリンダーが小型化され通常状態に組み込まれたためこのパーツはリ・ホーム内に仕舞われていたが、ロウによって3倍の高出力に改良されている。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士ガンダムSEED ASTRAY
機動戦士ガンダムSEED DESTINY ASTRAY R

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

パワーシリンダー
両腕に搭載された強化型駆動システム。後にロウによって3倍の出力に改良されている。

武装・必殺攻撃[編集]

75mm対空自動バルカン砲塔システム「イーゲルシュテルン」
頭部に2門内蔵されている。
ガーベラ・ストレート
左腕のアームに装備されているMSサイズの日本刀。MSを一刀両断に出来るほどの切れ味を誇り、ビームをも切り裂く事が出来る。
ガーベラ・ストレートVol.2(150ガーベラ)
レアメタルΩで作成された全長150mを超す日本刀。以前はパワーローダーがないと運用できなかったが、パワーシリンダーにより単機で運用可能となった。
150ガーベラ・ストレート[パワー]
刀身の折れた150ガーベラの柄を改造した武装。柄頭部分にローエングリンを装備している。核エンジンではなく内蔵された巨大なバッテリーで稼働するが、その威力は強化されたパワードレッドでも射線を維持できない程である。また、巨大なバッテリーパックでもあるため機体に供給することも可能である。
ガーベラ・シールド
ローエングリンの砲口カバーとなっている金色のシールド。手持ちシールドとして使用でき、アルミューレ・リュミエールが内蔵されている。
ガーベラ・ツール
鍔部分が変形する2種のツール。鍔の上下は可動刃のついた拳鍔状のガーベラ・ツールA、左右はつるはし状のガーベラ・ツールBに変形する。
赤い一撃(レッド・フレイム)
敵機を直接殴りつける。命名はロウ。その威力はフェイズシフト装甲の内部フレームを破壊するほど。

対決・名場面[編集]

リジェネレイトガンダム
バイオレンスガイスト

関連機体[編集]

ガンダムアストレイ レッドフレーム
素体。後にパワーシリンダーが小型化され組みこまれた。
ガンダムアストレイ レッドフレーム パワーローダー
ガーベラ・ストレートVol.2を使うために作られた装備だが、機動性が劣悪だった。

商品情報[編集]

資料リンク [編集]

リンク[編集]