ガンダムアストレイ レッドフレーム パワーローダー

提供: ガンダムWiki
Jump to navigation Jump to search
ガンダムアストレイ レッドフレーム パワーローダー
外国語表記 Gundam Astray Red Frame Power Loader
登場作品 機動戦士ガンダムSEED ASTRAY R
デザイン 阿久津潤一
テンプレートを表示
スペック
分類 汎用試作型モビルスーツ
型式番号 MBF-P02
全高 60.0m
主動力 バッテリー
装甲材質 発泡金属装甲(MS本体)
開発者 ロウ・ギュール
所属 ジャンク屋組合
主なパイロット ロウ・ギュール
テンプレートを表示

概要[編集]

ロウ・ギュールが保有するモビルスーツガンダムアストレイ レッドフレームがパワーローダーと合体した形態。ガーベラ・ストレートVol.2を使用するために開発された。

ガーベラ・ストレートVol.2は全長150mを超す日本刀であったため、通常のモビルスーツでは運用が不可能な代物であった。そのためジャスティスガンダムミーティアのドッキングを見たロウがそこから発想を得て、この追加装備が開発されることとなった。この装備は合体したレッドフレームの動きをトレースして運用される。ガーベラ・ストレートVol.2を運用できるだけあってパワーはあるが機動性は劣悪であり、まともな戦闘に使用できる物ではなかったようである。この装備は上半身と下半身に分離することが可能となっており、普段は分離状態となっている。それぞれのパーツは他のモビルスーツと合体することで作業用機械としても運用が可能である。

後にガンダムアストレイ レッドフレーム パワードレッドが開発されたことで、この装備を使用せずともガーベラ・ストレートVol.2が運用可能となった。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士ガンダムSEED ASTRAY R

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

分離
パワーローダーと分離可能。

武装・必殺攻撃[編集]

75mm対空自動バルカン砲塔システム「イーゲルシュテルン」
頭部に2門内蔵されている機関砲。
ビームサーベル
バックパックに2基装備されている。
ガーベラ・ストレート
腰部左側に装備されているMSサイズの日本刀。MSを一刀両断に出来るほどの切れ味を誇り、ビームをも切り裂く事が出来る。
この状態では動きのトレースのために使用される。
ガーベラ・ストレートVol.2(150ガーベラ)
レアメタルΩで作成された全長150mを超す日本刀。非常に高い破壊力を誇るが、取り回しは劣悪である。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

ガンダムアストレイ レッドフレーム
素体。
ガンダムアストレイ レッドフレーム パワードレッド
単機でガーベラ・ストレートVol.2を運用可能とした形態。
ミーティア
このアームドモジュールから発想を得た。

商品情報[編集]

リンク[編集]