2020年2月5日(水)および2月19日(水)10:00~13:00に、上位プロバイダによるメンテナンスのため、wikiサービスの停止が発生します。ご利用のみなさまには大変ご不便をおかけしますが、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

ガンダムアストレイ レッドフレーム改

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ガンダムアストレイ レッドフレーム改
外国語表記 Gundam Astray Red Frame Kai
登場作品 機動戦士ガンダムSEED VS ASTRAY
デザイナー 阿久津潤一
テンプレートを表示
スペック
分類 汎用試作型モビルスーツ
型式番号 MBF-P02KAI
全高 18.00m
重量 62.0t
主動力 バッテリー
装甲材質 発泡金属装甲
開発組織 モルゲンレーテ社 (機体本体)
開発者 ロウ・ギュール (タクティカルアームズIIL)
改修 ロウ・ギュール
所属 ジャンク屋組合
主なパイロット ロウ・ギュール
テンプレートを表示

概要[編集]

ロウ・ギュールが保有するモビルスーツガンダムアストレイ レッドフレームターンデルタのパーツを組み込み、タクティカルアームズIILを装備した状態。タクティカルアームズIILを装備するためにパックパックは取り外され、ビームライフルとシールドも装備されない。

ロウの持つ技術の集大成とも言える機体であり、様々な機能が盛り込まれている。その中にはドラグーン・システムやヴォワチュール・リュミエール、ローエングリンランチャーなど本機のスペック及びパイロット能力的に単機では使用不可能な物もある。基本的な機能はタクティカルアームズIILに依存しているため、これを失うと機能のほとんどが使用不可能となる。タクティカルアームズIILは用途によって可変させることが可能で、タクティカルアームズをマウントしたノーマルフォーム、通常時のVフォーム、弓状に変形させるアローフォーム、飛行形態のフライトフォーム、作業時のワークフォーム、大剣に変形させるソードフォーム、ヴォワチュール・リュミエール使用時のデルタフォームに変形する。本機の性能を最大限発揮するには核動力が必要だが、今後も搭載する予定はないとしている。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士ガンダムSEED VS ASTRAY
初登場作品。

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

パワーシリンダー
ジャン・キャリーが開発した強化型駆動システム。小型化したことで腕部に組み込まれている。
ヴォワチュール・リュミエール
タクティカルアームズIILに搭載されている惑星間航行用推進システム。元々はターンデルタに搭載されていた物。使用時にはタクティカルアームズをデルタフォームに変形させるが、本機はバッテリー駆動のためフルパワーで使用できない。
ミラージュコロイド・ウイルス
テスタメントガンダム等に搭載されていた量子コンピューターウイルス。タクティカルアームズに搭載は可能であるが、ロウは使う気がないらしい。

武装・必殺攻撃[編集]

75mm対空自動バルカン砲塔システム「イーゲルシュテルン」
頭部に2門内蔵されている。
ガーベラ・ストレート
腰部左側に装備されているMSサイズの日本刀。MSを一刀両断に出来るほどの切れ味を誇り、ビームをも切り裂く事が出来る。
タイガー・ピアス
腰部右側に装備されているMSサイズの日本刀。ガンダムアストレイ レッドフレーム レプリカが装備していたものである。
タクティカルアームズIIL
背部にマウントされている複合武装。ガンダムアストレイ ブルーフレームセカンドリバイのタクティカルアームズIIと一緒に作られた物にターンデルタのパーツを組み込んでいる。通常時はVフォームに変形させているが、用途に応じて変形させる。ドラグーンとして遠隔操作することも機能としてはできるが、ロウがコーディネーターでないこととドラグーン・システムが第一世代のため使用できない。
アローフォーム
弓状に変形させることでビームを放つことが可能になる。ヴォワチュール・リュミエールの効果によりビームの軌道を自在に変更できるため、理論上は百発百中の精度を誇る。
ソードフォーム
大型の実体剣に変形させる。威力はあるが取り回しに難があるため、高機動戦闘には不向き。
ワークフォーム
作業時の形態。ビームトーチなどの機能を使用できるほか、パワーシリンダーにより物体を挟んで切断させることができる。
マガノイクタチ
ガンダムアストレイ ゴールドフレーム天に搭載されていた物の改良版。敵機に触れずとも使用可能となり、核動力の機体をフェイズシフトダウンさせるほどに吸収力も上がっている。
ローエングリンランチャー
オプション装備として搭載できる。核動力もなくニュートロンジャマーキャンセラーもないため単機ではただのデットウェイトである。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

ガンダムアストレイ レッドフレーム
素体。
ターンデルタ
この機体のパーツを組み込んでいる。

余談[編集]

  • 現実世界において、背中に大きな三角形のパーツを背負っているバーチャルYouTuber「斗和キセキ」の姿がデルタフォームの本機を彷彿とさせる事から、Twitterにおいて斗和キセキを本機に例えたツイートが急速に拡散。同氏の認知度が一気に上がるという事態が発生した。

商品情報[編集]

ガンプラ[編集]

フィギュア [編集]

リンク[編集]