2020年2月5日(水)および2月19日(水)10:00~13:00に、上位プロバイダによるメンテナンスのため、wikiサービスの停止が発生します。ご利用のみなさまには大変ご不便をおかけしますが、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

ガンダムアストレイ ミラージュフレーム セカンドイシュー

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

MBF-P05LM2 ガンダムアストレイ ミラージュフレーム セカンドイシュー(Gundam Astray Mirage Frame 2hd Issue)[編集]

概要[編集]

ライブラリアンが開発した可変モビルスーツガンダムアストレイ ミラージュフレームを再改造した形態。
頭部にはミラージュコロイドセンサーアンテナの強化型が装備され、両肩にはフィンライフルのパワーサプライを兼ねたユニットが装備されている。変形機構はより接近戦に特化するためにバクゥガイアガンダムなどのデータを利用して人型形態であるタイラントモードから四足形態であるブルートモードに変形するようになった。背部にはブルートヘッドという専用のバックパックが追加されておりブルートモード時の頭部となる。通常のバックパックは下部に移動している。これらの改造により反応速度が劇的に向上したため遠距離武装を必要としていないが、パイロットの肉体を改造しなければ性能を十分に発揮できなくなってしまっている。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士ガンダムSEED VS ASTRAY

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

ヴァリアブルフェイズシフト装甲
フェイズシフト装甲の改良型。装甲に掛ける電圧を調整できるようになっており、エネルギー消費の効率化を図っている。その影響で装甲の色が変化するようになった。
ミラージュコロイド
可視光線を歪め、レーダー波を吸収するガス状物質。これを磁気で機体周囲に纏うことにより、視覚的および電波的にも自機の存在を隠匿する事が可能。さらに本機は、外観を偽装することも可能である。
変形
ブルートモードに変形可能。

武装・必殺攻撃[編集]

75mm対空自動バルカン砲塔システム「イーゲルシュテルン」
頭部に2門内蔵されている機関砲。ブルートモードでは使用不可。
ビームライフル
プロトアストレイシリーズ専用のライフル。変形の邪魔となるためあまり装備されない。
ビームサーベル
ブルートヘッドに2基装備されている。
対ビームシールド
対ビームコーティングが施されているシールド。これも邪魔となるため装備されないことが多い。
天羽々斬(アメノハバキリ)
日本刀型の実体剣。ヴァリアブルフェイズシフト装甲製で刀の硬度に応じて色が変化する。ブルートモードでは使用不可。
CソードBタイプ(コンパクトソードブレスレット)
両手に装備されている実体剣。3枚の短刃によって構成されており、ブルートモードでは前足となる。
CソードAタイプ(コンパクトソードアンクレット)
両足に装備されている実体剣。3枚の短刃によって構成されており、ブルートモードでは後足となる。
サーベルファング
ブルートヘッドの正面に装備されているビームサーベル。
フィンライフル
両肩に内蔵されているビームライフル。ゲシュマイディッヒ・パンツァーを応用した武装であり曲射することが可能。だが小型化に伴い射程は短い。
ブルート・フォース・アタック
ブルートモードの状態で敵機の周りを高速移動しつつ攻撃を加える技。強化された反応速度により敵機に反撃の隙を与えずに攻撃できる。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

ガンダムアストレイ ミラージュフレーム
改造前の形態。改造後はこの形態をファーストイシューと呼称し区別している。
ガンダムアストレイ ミラージュフレーム サードイシュー
本機にファーストイシューの装備を組み込んだ形態。
バクゥガイアガンダム
本機開発のデータに利用した機体。
ガンダムアストレイ
改造されているが本機もプロトアストレイシリーズの機体である。

商品情報[編集]

リンク[編集]