2020年2月5日(水)および2月19日(水)10:00~13:00に、上位プロバイダによるメンテナンスのため、wikiサービスの停止が発生します。ご利用のみなさまには大変ご不便をおかけしますが、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

戦国アストレイ頑駄無

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

侍ノ弐 戦国アストレイ頑駄無(Sengoku Astray Gundam)[編集]

ガンダムビルドファイターズに登場するガンプラ。HGガンダムアストレイ レッドフレームをベースにカスタマイズされた機体で、プラフスキー粒子の研究を行っているニルス・ニールセンが世界大会用に作成した。日本武道の心得があるニルスの戦法に合わせ、重厚な甲冑武者のような形状を持つ。肩の装甲は稼動し腕として攻撃やサムライソードを使う事が出来る。

登場作品と操縦者[編集]

ガンダムビルドファイターズ
ファイターはアメリカ代表選手となったニルス・ニールセン
アメリカ大会の決勝で、優勝候補だったグレコ・ローガンに勝利。ファイターのニルスがプラフスキー粒子の研究の為に大会を勝ち進む事を優先し、他のファイターのデータ収集や自身の情報の秘匿を第一に考えている為、アメリカ大会でも決勝戦までは使う必要がないと判断し温存され世界大会でもロワイヤルバトルをはじめとした戦いで無駄の無くリスクも背負わない戦闘を中心に行っていた。
しかし決勝トーナメントでセイレイジと戦う事によって、初めて全力で戦う事になる。

装備・機能[編集]

武装・必殺攻撃[編集]

サムライソード
本機の主武装である一対の日本刀で『菊一文字』『虎徹』と名付けられている。普段は両肩の大袖状の装甲に装備されている。実体剣である為、ビームサーベルのようなビーム兵器と比べると威力は劣るが刀身には粒子変容塗料が塗っており、これに加えてニルスの有するプラフスキー粒子の知識と武術の技量をも駆使してフィールドの粒子帯に合わせる事が可能。これによって敵のビームを斬り裂いたり、斬撃を衝撃波のように飛ばすといった戦術も出来る。基本的には近接戦闘に使用されるが投擲して使う事も可能。名前の由来は元機のレッドフレームが持つ実体剣「ガーベラ・ストレート」と「タイガー・ピアス」から。
鬼の盾
鬼の面を意識した専用のシールド。通常時はバックパックとして背中にマウントされており、防戦時に使用する。
粒子発勁
中国拳法の発勁の動きを模した本機の体術。掌から触れた相手に気の代わりにプラフスキー粒子を送り込んで内部から破壊する。対象に触れただけで内部から破壊出来る為、非常に強力な技ではあるがその反面、プラフスキー粒子が反応しない物を破壊する事が出来ない事もありスタービルドストライクとバトルした時には腕を瞬間接着剤で固められた事で防がれている。
レドームヨーヨー
世界大会第三ピリオドで大会側が用意した武装。本機がヨーヨーのヒモと思われる物で対戦相手のドライセンの首を絞めて仕留める姿はニルスの台詞も相まってまるで仕事人のようであった。本装備は「ハイパーガンプラバトルウェポンズ」に付属している。

対決・名場面[編集]

トールギスワルキューレ
アメリカ代表決定戦で対決。ニルスが今までの試合で使われていた百式では厳しいと判断して本機を始めて投入した。アメリカ大会の優勝候補であったグレコ・ローガンだったがニルスの武術から会得した見切りやサムライソードで常に優位に立っていたが、グレコの自身のライバルであるリカルド・フェリーニと世界大会で戦いたいと言う意地から粒子発勁を使わざる負えない状況となり粒子発勁にてトールギスワルキューレを破壊し勝利する。
スタービルドストライクガンダム
世界大会準々決勝で対決。前夜にセイレイジの両名から「負けたら何でも言う事を聞く」との約束を受けており、これまでのリスクを避けた戦いから本領発揮のそれに移行する。ビーム兵器の効かない本機に対して、必殺技の粒子発勁とビルドナックルの打ち合いとなる。
その打ち合いは互いのマニピュレーターが破壊されるほどに壮絶なものだったが、修理の際にセイは右腕を瞬間接着剤で固定して粒子発勁を相殺。最終的にビルドナックルの直撃で本機が敗北した。


関連機体[編集]

ガンダムアストレイ レッドフレーム
原型機。