タリア・グラディス

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

タリア・グラディス(Talia Gladys)[編集]

ザフト軍の新鋭艦ミネルバの艦長を務める女性士官。的確な指示で幾度無く艦の危機を救った優秀な艦長。ほぼ単独行動で、戦力もまま成らないまま最期まで戦い続けた。しかし、逆に戦力が不足しているにも関わらず、作戦を受諾したり、部下たちとの関わりが少ないなど戦闘面以外での能力は高いとは言えない。最高評議会議長のギルバート・デュランダルとは元恋人関係だったが、解消してもその関係は続いている。最終局面でミネルバがアークエンジェルの攻撃で航行不能になると、タリアは一人デュランダルの元へ向うが、しかしデュランダルはレイに撃たれてしまう。そして彼女はデュランダルとレイと共にメサイアと運命を共にした。

なお、既婚者であり、子供もいる。デュランダルと別れた理由も「子どもが欲しかった」からである。 TV版では語られていないが、実はデュランダルと遺伝子的な不適合(第二世代のコーディネーターのため、子供ができなかった、あるいは何かしらの不都合があった)のため、結婚を認められなかった。後に他の男性と結婚し、子供を授かっていたが、愛情が薄れたわけではなく、肉体関係は続いていた。

最終話では、レイ・ザ・バレルへ、クローンゆえに父親も母親も知らないその身の上を知り、ひたすらデュランダルに従ってきた彼を、「欲しかったデュランダルと築いた家庭」の家族として抱きしめた。

タリアを演じた小山茉美氏はかつて「1st」のキシリア・ザビ、「第08MS小隊」のカレン・ジョシュワも演じていた。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士ガンダムSEED DESTINY

人間関係[編集]

ギルバート・デュランダル
彼とは公私の関係であり、最期まで彼に付き添った。
アーサー・トライン
副官。
メイリン・ホーク
オペレーター。
シン・アスカ
アスラン・ザラ
レイ・ザ・バレル
ルナマリア・ホーク
マリュー・ラミアス
キラ・ヤマト
アンドリュー・バルトフェルド

名台詞[編集]

「子供がいるの。男の子よ。いつか・・・会ってやってね。」
デュランダル議長と関係を持っていながら未婚者?と思わせて突然の告白。これは前述の通り、デュランダルと相思相愛でありながら、二人は結婚していなかった。後に別の男性と結婚し、家庭を築いていたのだが、それまでの話と全く関連性がないためデュランダルとの隠し子?という噂が流れた。

搭乗機体・関連機体[編集]

ミネルバ

商品情報[編集]

話題まとめ[編集]

資料リンク[編集]

リンク[編集]