2018年8月5日(日)のメンテナンスは完了しました。ご協力ありがとうございました。

グフイグナイテッド

提供: ガンダムWiki
移動先: 案内検索

ZGMF-2000 グフイグナイテッド(Gouf Ignited)[編集]

ザフト軍が開発した、「ニューミレニアムシリーズ」に属する量産型モビルスーツ。背部に固定装備されたフライトユニットで、ディンに匹敵する飛行能力を発揮する。また、武装も対MS戦闘が前提の接近戦用の物を多数装備している。ザクウォーリアと同時期に開発が行われ、ザフトの主力MS策定コンペティションにおいて制式量産機の座を争った。その当時は腕部、脚部を換装可能な機体構造になっていて、多種多様な機能、武装を搭載した四肢を状況に応じて換装して対応するという、ザクウォーリアのウィザードシステムと同じ思想の下に開発されたシステムが搭載されていた。これはウィザードシステム以上に戦況・戦場の変化にきめ細かく対応できる反面、コストと整備現場の負担が増大するため、制式量産機はザクウォーリアに決まった。しかし、その換装システムのデメリットを除けば機体の完成度は高く、それを惜しんだ上層部の力添えにより、試験的に少数がロールアウトする事になった。その経緯から、本機は「高い機動性を持つ対MS格闘戦用機」というコンセプトの機体に再設計され、ハイネ・ヴェステンフルスを始めとしたエースパイロットに優先的に配備された。その後、戦争が予想外に拡大し、開戦当初に保有していたMSの数が想像以上に減少したため、ザフトは高性能MSの増産を余儀なくされ、ザク系統の生産体制が限界であった事、主戦場が地球に移行していた事もあり、本機が急遽、大量生産、制式配備されることとなった。その際、型式番号から試作機である事を示す「X」が外されたが、試作機と量産型の間に基本的な仕様の差はない。

名称の「グフ」は「Guardian Of Unity Forerunner(統一の守護たる先駆者)」の略である。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士ガンダムSEED DESTINY
アスラン・ザラメイリン・ホークと共にジブラルタル基地から脱走する際に本機を強奪。デスティニーガンダムレジェンドガンダムに追撃され、応戦するも撃墜された。量産体制が整った頃にはエースパイロットから続々と配備され、その優れた機動性からザクに並ぶ主力MSとして戦場を駆けた。

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

換装
四肢の換装が可能。

武装・必殺攻撃[編集]

MMI-558 テンペスト ビームソード
大型ビーム発生デバイスから高出力ビーム刃を発生させる斬撃兵装。対艦刀と同型の兵器だが、両刃のビーム刃や片手で扱えるサイズなど、対MS用に特化した仕様となっている。伸縮機構で携帯性にも優れる。
MA-M757 スレイヤーウィップ
両腕部に内蔵された格闘戦用の鞭。超弾性鋼で出来ているために柔軟性に富み、叩きつける以外にも敵機の一部や武器を絡めとるなどの使い方も可能。高周波パルスを発生させ、接触した対象物に伝達させて破壊する事もでき、その際は鞭全体が赤く発色する。
M181SE ドラウプニル 4連装ビームガン
両前腕部に内蔵された4連装ビーム砲。小型なので射程距離は短いが、速射性能に極めて優れ、近接戦闘ではビームライフル以上の有効性がある。固定火器なので、他の武装を携行したまま使用可能。
対ビームシールド
対ビームコーティング仕様の専用シールド。表面に打突用衝角を備える他、テンペストの鞘にもなっている。

対決・名場面[編集]

デスティニーガンダムレジェンドガンダム
アスランが軍を脱走した時の戦闘。追撃してくるレジェンドのビームライフルを巧みに回避するグフだが、焚きつけられたシンのデスティニーによりスレイヤーウィップをパルマ・フィオキーナで破壊される。最後は大型対艦刀「アロンダイト」を胴体部に突き刺され、機体が海に落ちるとともに爆発した。

関連機体[編集]

ハイネ専用グフイグナイテッド
試作機をパーソナルカラーであるオレンジに塗られた機体。
イザーク専用グフイグナイテッド
パーソナルカラーである白に塗られた機体。
ルドルフ専用グフイグナイテッド
パーソナルカラーである金色に塗られた機体。
ルドルフ専用グフイグナイテッド改
上記の機体の破損した部分を通常カラーのパーツで修復した機体。
グフクラッシャー
格闘戦特化の四肢に換装したタイプ。
グフギャラクティカ
傭兵であるナイト様がカスタマイズした機体。

商品情報[編集]

リンク[編集]