エマ・シーン

提供: ガンダムWiki
Jump to navigation Jump to search

エマ・シーン(Emma Sheen)[編集]

日系9世のエキゾチックな顔立ちの美女。24歳。

もともとはティターンズの一員だったが、ティターンズのバスク・オムが行った虐殺を知ったことをきっかけで、自分が誇りを持って所属していたティターンズという組織に疑問を抱き、ガンダムMk-IIごとエゥーゴに参加する。初めはアーガマに乗艦していたが、後にラーディッシュに移る。

グリブス2争奪戦で、シロッコについてエゥーゴからティターンズに降ったレコアパラス・アテネと戦闘し、半ば相討ちの形になり、その時に受けた傷がもとで、カミーユに見とられて絶命する。

ヘンケン・ベッケナーからのアタックに劇中ではとまどい気味だった。

登場作品と役柄[編集]

機動戦士Ζガンダム
機動戦士Ζガンダム A New Translation
ガンダムEXA

人間関係[編集]

カミーユ・ビダン
ヘンケン・ベッケナー
ラーディッシュ艦長。エマに惚れている。
アムロ・レイ
友人と旅行中に出会う。
レコア・ロンド
ティターンズから寝返ったエマの世話役を務める。しかし、男女関係のもつれから、エマとは逆にエゥーゴからティターンズにいく。最終決戦で2人が戦うことになる。
ヤサカ・マオ
『ビルドファイターズ』の登場人物で彼女のファン。しっかりしているところが好きらしい。

名台詞[編集]

「慰めてもらいたいだけなら無駄よ。あなたと私は恋人でも何でもないのだから…」
両親をなくしたカミーユが話をしに、エマの部屋に来た時の台詞。
「自分の都合で大人と子供を使い分けないで!」
ウォン・リーに修正され、いじけて愚痴を言うカミーユに対しての言葉。

搭乗機体・関連機体[編集]

ガンダムMk-II
リック・ディアス
ジム・クゥエル
『EXA』で搭乗。レオス・アロイの手引きで脱走したゼロ・ムラサメを追撃している。

商品情報[編集]

話題まとめ[編集]

  • その独特なヘアスタイルをよくネタにされる。「エマ中尉の髪型」というジェリドのアスキーアートとセットで用いられるコピペ文章が出来上がるほどである。

資料リンク[編集]

リンク[編集]