バイアラン

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
バイアラン
外国語表記 Byarlant
登場作品
デザイナー 藤田一巳
テンプレートを表示
スペック
分類 空戦用試作型モビルスーツ
型式番号 RX-160
頭頂高 18.6m
全高 全高
本体重量 34.2t
全備重量 54.7t
主動力 熱核融合炉
ジェネレーター出力 1,760kW
スラスター総推力 86,400kg
装甲材質 ガンダリウム合金
センサー有効半径 9,890m
開発組織 ティターンズ
開発拠点 キリマンジャロ基地
所属 ティターンズ
主なパイロット ジェリド・メサ
ドナ・スター
テンプレートを表示

概要[編集]

キリマンジャロ基地で開発されたティターンズの試作型モビルスーツ

可変機構に頼らず、人型のままでの単独飛行を目的としており、搭載比率が大幅に高められた大気圏内用熱核ジェットエンジンと各部に装備された大推力スラスターに加えて最新技術を使った徹底的な軽量化と空力特性の追及によりその目的を達成している。反面、推進剤の積載量は限られている為に航続距離や飛行可能時間は短い。また、空力性能を追求する目的で搭載武装も制限されており、ビーム・ライフルなど携行武装に制限が存在する。

基本は大気圏内用であるが、エンジンを熱核ロケットエンジンに換装すれば宇宙でも運用可能。量産こそされていないもののグリプス戦役で複数機が運用され、戦後も独自の改修が施された機体の運用も確認されている。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士Ζガンダム
第36話で初登場。ジェリドがテスト中だった本機に乗り込んでカミーユΖガンダムと交戦。その最中、カミーユを庇ったフォウサイコガンダムを撃墜する。その後、ダカールゼダンの門等で度々Ζガンダムと交戦した他、アポリーリック・ディアスを撃墜する等の戦果を挙げている。
他にもパラス・アテネの直掩機として3機が確認されている。
機動戦士Ζガンダム A New Translation
第三部にジェリド機のみが登場。TV版と活躍等はあまり変わらないが、地上での戦闘はカットされたので宇宙のみで運用されている。
機動戦士ガンダムUC 星月の欠片
パイロットはドナ・スター
U.C.0088時に発生したテロリストによる連邦幹部機襲撃事件の際にその場に居合わせ、単機でテロリスト達を殲滅している。その上で旅客機を救助したが、彼の方針がティターンズの意にそぐわなかったため、上官であるゼフテラ中佐の計らいで戦死した事にされた。以後、ティターンズから離れた彼は、整備士ディエス・ロビンとして生きていく事になる。
機動戦士ガンダム U.C.0094 アクロス・ザ・スカイ
ディエス・ロビンが旧ティターンズ系の武装組織の本拠地「デビルズ・ネスト」にあった機体を強奪し搭乗。フレスベルク隊レイヴン隊に加勢する形で戦闘を行なっている。
機動戦士クロスボーン・ガンダム DUST
強盗団が搭乗。頭部にはガンダム風のマスクが付けられている。ビーム兵器を備えているが、時代的に使用できるかは不明である。

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

換装
エンジンの換装で宇宙空間での戦闘にも対応できる。

武装・必殺攻撃[編集]

メガ粒子砲
空力特性を追求する為、手持ち式のビーム・ライフルではなく両腕に1門ずつ内蔵される形式になっている。出力は4.7MWと高く、ハイザックマラサイのビームライフルの2倍以上ある。また腕部に搭載した事で広い射角を得ており、速射性にも優れるなど、機体に実用レベルの攻撃力を付与している。
ビーム・サーベル
肘部の内側に1基ずつ格納されている。本機のマニピュレータが3本指の為、グリップの形状が三角柱型をした独特なものになっている。

対決・名場面[編集]

Ζガンダム
ガブスレイ(デビルズ・ネスト保有機体)

関連機体[編集]

ガンダムTR-1[ヘイズル改]イカロス・ユニット装備
ガンダムTR-1[ヘイズル改]に大気圏内飛行用のイカロス・ユニットを装着した機体。運用データがバイアランの開発に繋がっている。
バイアラン・カスタム
第二次ネオ・ジオン抗争後にバイアランの残存機を改修して開発された技術試験機。
バイアラン・カスタム2号機
上記のバイアラン・カスタムのデータをフィードバックして改修した完全版。
バイアラン・イゾルデ
ブッホ・コンツェルンが派遣した私兵集団『バーナム』の擁する改修機。顔がガンダムに似たツインアイとなっている。

商品情報[編集]

ガンプラ[編集]

リンク[編集]