アンカー

提供: ガンダムWiki
Jump to navigation Jump to search
アンカー
外国語表記 Anchor
登場作品 機動戦士クロスボーン・ガンダム DUST
デザイナー 長谷川裕一
テンプレートを表示
スペック
分類 ミキシング・ビルドモビルスーツ
全高 約18m[1]
主動力 熱核融合炉
開発者 フランク・オズ
所属 無敵運送
母艦 エスカル
主なパイロット
テンプレートを表示

概要[編集]

アッシュ率いる無敵運送が保有するモビルスーツ。この時代を代表するミキシング・ビルド機の1機である。

宇宙世紀155年ごろにアッシュの祖父である太陽光発電王アンクル・キングの発注で元サナリィ技術者のフランク・オズによってガンダムF89をベースに製造された。改修を重ねた結果原型はほとんど分からなくなっているが、F89用のミッションパックの換装機構などは残されている。

コクピットは三点モニター方式を採用しているが、元は全天周囲モニターが備わっていた機体であり、コクピット外壁の一部に衝撃を与えるとその機能が復活する場合もある。背部には4基のスラスター兼プロペラントタンクを装備可能であり、制御OSが優秀なため多少不揃いでも正常に機能する。このプロペラントタンクの配置とフェイスオープン式の放熱機構はクロスボーン系の機体を思わせ、オズがクロスボーン・ガンダムの開発に携わっていた事を伺わせている。

補給パーツの安定供給が難しい宇宙戦国時代の最中にあって、プロペラントタンクや関節パーツ等の消耗部品などは一定ではないものの、武装に関してはそのほとんどを資源採掘で使用される作業用機械から転用しているため、高い整備製を保っている。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士クロスボーン・ガンダム DUST
パイロットはアッシュ・キング

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

換装
F89用の試作ミッションパックを装備可能。

武装・必殺攻撃[編集]

アックス・ガン
ナックルダスター、マシンガン、ビーム・サーベルを組み合わせた複合兵装。
ナックルダスター
実体型格闘斧。ビーム・サーベルに時間制限があるので普段はこちらで格闘戦を行う。マシンガンの給弾ベルトを利用して投擲しての攻撃にも活用される。
マシンガン
ベルト給弾式の銃。マニピュレーターから離した状態でも使用可能。
ビーム・サーベル
宇宙世紀168年代に於いて、希少価値の高いビーム兵器。ビーム兵器の信頼性が全体的に低下しているため、セーフティがかけられ12秒しか使用できない。
ヒート・カッター
頭部に搭載されているカッター。高速回転させ、頭突き攻撃に使用される。放熱時にはV字に変形しガンダム然とした頭部シルエットを形作る。
ケーブル
右腕部に装備されているフック付きワイヤー。マシンガンやイカリマルに取り付けて振り回し、広範囲を攻撃することが可能。
パイルバンカー
両脚部に内蔵された炸薬式打突杭。
ヒート・セラミック弾
右胸部に格納されている火箸。一度の戦闘で2発しか撃てないが、一直線上に並んだ複数機のMSを貫通出来る程の高い貫通力を誇る。
回転シールド
打撃武器としても使用可能な実体シールド。元は採掘機を転用したものであり、武装としても使用可能。攻撃時にはシールドの装甲で左腕全体を覆いグローブ状にして使用する。
イカリマル
元々はムラサメ用に木星が開発した大型ビーム・サーベル。巨大な錨の様な形状を持ち、スラスターが搭載されている。巨大ビーム・サーベルやヒート・サーベルとしての機能を持ち、最大展開時は30mにもなる。本来はサイコミュによりビットとしての運用も想定されていた。その質量故に18m級の本機が扱うには苦労が伴い、エネルギーチャージの関係上ビーム・サーベルも発生器周辺にしか発振できない。
ビーム・キャノン
F89用の遠距離攻撃型パックに2挺装備されている試作型ヴェスバー。本機の原型機であるガンダムF89の純正装備だが最初期の試作品であり実用性は低く、火力はあるものの3発撃つと本体ごと機能を停止してしまう失敗作である。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

ガンダムF89
ベース機。
アンカーV2
本機を改修した機体。背部にスラスター、脚部には履帯が追加されている。

商品情報[編集]

リンク[編集]

脚注[編集]

  1. 消耗の激しい関節パーツの交換などで一定していない。