2020年2月5日(水)および2月19日(水)10:00~13:00に、上位プロバイダによるメンテナンスのため、wikiサービスの停止が発生します。ご利用のみなさまには大変ご不便をおかけしますが、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

クロスボーン・ガンダム

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

クロスボーン・ガンダム(Crossbone Gundam)[編集]

宇宙海賊クロスボーン・バンガードが主に運用するモビルスーツ。「フォーミュラ計画」によって開発された機体で、外宇宙活動に適応するために頑強な機体構造と高い推進力を持つ。正式な型式番号は「F97」だが、宇宙海賊が運用する都合上、サナリィ製である事を偽装するための型式番号「XM-○○」が用意されている。また、宇宙海賊のメンバーによって機体の各所には海賊を思わせる意匠が施されている。

バリエーション[編集]

機動戦士クロスボーン・ガンダムシリーズ[編集]

クロスボーン・ガンダムX1
1号機。白を基調とし、一部黒のカラーリングで塗られている。
クロスボーン・ガンダムX1改
シザー・アンカーをスクリュー・ウェッブに変更した機体。
クロスボーン・ガンダムX1改・改
X1改を改修した機体。胸にドクロのレリーフが施されていることから「スカルハート」と呼ばれている。
クロスボーン・ガンダムX1パッチワーク
中破したスカルハートをX3の予備パーツで修復・改修した機体。
クロスボーン・ガンダムX1フルクロス
X1の最終仕様。新たに装備されたフルクロス以外は傷だらけとなっている。
クロスボーン・ガンダムX2
2号機。黒のカラーリングで塗られている。
クロスボーン・ガンダムX2改
木星帝国によって改修された姿。
クロスボーン・ガンダムX3
3号機。1、2号機に比べ一部デザインが異なる他、新技術が用いられている。実は実験用の予備機で、本来は3号機ではない。
クロスボーン・ガンダムX-0
本来の3号機。事故により行方不明となっていた。フォントによって「ゴースト」の名称が個人的に付けられている。
クロスボーン・ガンダムX-0 フルクロス
フルクロスを装備した姿。
フリント
地球圏仕様のクロスボーン・ガンダム。一部装備がオミットされている。
クロスボーン・ガンダムX11
木星において開発されたX-0のコピー機体の1号機。データ通りにほぼ再現されている。
クロスボーン・ガンダムX12
同じく2号機。木星技術との折衷案で作られた。
クロスボーン・ガンダムX13
同じく3号機。コストダウンを目指した機体となっている。

その他の作品[編集]

クロスボーンガンダム魔王
『ガンダムビルドファイターズ』に登場するガンプラ。ガンダムX魔王の機能を引き継いでいる。
クロスボーンリボーンガンダム
『ガンダムビルドファイターズA』に登場するガンプラ。ガンダムF91の機能を再現可能としている。
クロスボーン・ガンダムX2 ジュリア
『ガンダムビルドファイターズA-R』に登場するガンプラ。騎士のようなデザインに改造されている。
クロスボーン・ガンダムX1フルクロス TYPE.GBFT
『ガンダムビルドファイターズトライ』に登場するガンプラ。原典機から一部カラーが変更されている。

関連機体 [編集]

ガンダムF90-Fタイプ
本機のブランド・マーカーに通ずるであろう腕部格闘装備を持つ。
ガンダムF90-Kタイプ
両肩部にIフィールド・ジェネレーターを装備しており、フルクロスのスカルヘッドユニットに通ずるものがある。
クラスターガンダム
本機以前にバックパックユニット兼用のコアブロックシステムを採用したサナリィ製ガンダム。

リンク[編集]