クロスボーン・ガンダムX1パッチワーク

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
クロスボーン・ガンダムX1パッチワーク
外国語表記 Crossbone Gundam X1 Patchwork
登場作品 機動戦士クロスボーン・ガンダム 鋼鉄の7人
デザイン カトキハジメ
テンプレートを表示
スペック
正式名称 F97
分類 他惑星用試作型モビルスーツ
型式番号 XM-X1
頭頂高 15.9m
本体重量 不明
全備重量 不明
主動力 熱核融合炉
ジェネレーター出力 5,280kw
スラスター推力 25,000kg×4(最大:30,000kg×4)
装甲材質 ガンダリウム合金ハイセラミック複合材
原型機 クロスボーン・ガンダムX1改・改
改修
所属 宇宙海賊クロスボーン・バンガード
主なパイロット トビア・アロナクス
テンプレートを表示

概要[編集 | ソースを編集]

月面でのコルニグスとの戦闘で中破したスカルハート宇宙海賊クロスボーン・バンガードサナリィX3用に用意してあったパーツを使用して修復した機体。そもそもクロスボーン・ガンダムのナンバリングは機体識別上のコードであり、これらは同型機の1~3番機に過ぎず、X3のパーツをX1に流用出来た[1]

X3にのみ装備されている兵装、特に腕部の小型Iフィールド・ジェネレーターの技術をサナリィが極力機密に留めておきたいという事情から、今まで海賊軍残党に渡される事なく月面施設の倉庫に眠っていた為、それを急遽使用する形で修復された。

両腕、左ショルダーアーマー、胸部装甲がX3の物へ変更され、カラーリングも換装部分がX3、その他がX1のままとなっている。改修作業を指揮したウモン・サモンは塗り直すつもりでいたが、時間的猶予が無かった為、そのまま出撃している。「パッチワーク(継ぎ接ぎ)」という名も、その見た目から付けられている。

ブランド・マーカーが使用できなくなった代わりにIフィールド・ハンドやガトリング砲が追加され、胸部装甲もX3の物と取り換えられた事で厚みが増し防御力が強化された。この為、基本性能は変わりないものの結果的に戦力アップしている。

登場作品と操縦者[編集 | ソースを編集]

機動戦士クロスボーン・ガンダム 鋼鉄の7人
第4話から登場。パイロットはトビア・アロナクス
改修作業完了後、ノッセルに搭乗してそのまま地球へと向かい、神の雷計画阻止に必要なメンバーの招集及びイカロス確保のために奔走した。その途中、トビア不在時に一度だけベルナデット・ブリエットが本機に搭乗し木星軍と交戦している。その後、木星軍とのイカロスを巡る渓谷での戦闘ではギリ・ガデューカ・アスピス量産型クァバーゼミノル・スズキガンダムF91 (ハリソン機)と共に影のカリストの乗るインプルース・コルニグスと交戦。損傷しながらもこれを撃破した。その後「鋼鉄の7人」の実行にあたり、さらなる改修を受けてフルクロスとなった。

装備・機能[編集 | ソースを編集]

特殊機能[編集 | ソースを編集]

ABCマント
耐ビーム材と特殊繊維によって構成される布状の対ビーム用リアクティブアーマー。
ビームが着弾すると表面が蒸発し、エネルギーを相殺して機体を守る。ビーム・シールドと違って視認性が低く、機体のエネルギーを消費する事がないので稼働時間の延長にも繋がる。耐弾性は平均で通常のビーム・ライフル5発程度とされるが、防御性能は受け止めたビームの出力によって上下する。
腕部Iフィールド発生器
両前腕部に内蔵された実験装備。「Iフィールド・ハンド」とも呼ばれる。
使用時にカバーを展開し、掌から強力な磁場を発生させる事で敵のビームを湾曲、もしくは拡散する。ビームをビームで弾き返す、あるいは相殺しようとするビーム・シールドとは基本的にシステムが異なる。
性能は一長一短ではあるが、戦艦級のビームが命中した場合、ビーム・シールドでは機体の大破は免れないが、ビームをそらす形で作用するIフィールドなら直撃は避けられるという点で、Iフィールドの方が防御力は高いとも言える。加えて、本機のIフィールドはビーム・サーベルのような刀身状のビームをマニピュレーターで直接受け止める事も可能になっている。
ただし、これも現状の技術では、一方の作動時間が105秒、冷却時間が120秒必要であり、連続使用した場合、約15秒の間完全に無防備になってしまう。パイロットの生存を考えるならば、とても好ましい方法とはいえず、実験機ならではの装備と言えた。
コアブロックシステム
コクピットブロックは機体から分離してコア・ファイターとなる。基礎構造はクラスターガンダムのコア・ファイターを参考にしつつもよりマルチプルな運用を可能とする事を目標とし、システマチックに洗練されている。

武装・必殺攻撃[編集 | ソースを編集]

バルカン砲
頭部に2門内蔵されている機関砲。小口径ながらも必要充分な威力を持ち、主に牽制やミサイルの迎撃等に使用される。
ビーム・サーベル
両肩部に1本ずつ、計2本格納されている近接格闘兵装。
ビーム・ガン
ビーム・サーベルは格納したままでもビーム・ガンとして使用可能。コア・ファイターの武装としても使用される。
ザンバスター
本機専用のビーム・ライフル。前後で分離する事でバスターガンとビーム・ザンバーとして運用出来るようにした装備。
バスターガン
ザンバスターのバレル部を構成するビーム・ピストルで、威力は低め。非使用時は右腰部にマウントされる。
ビーム・ザンバー
ザンバスターのグリップ部を構成する大型ビーム・サーベル。名称は「斬馬刀」から取られている。本機の主兵装であり、バスターガンとの合体によるライフルとしての機能はあくまでも補助的なものでしかない。
大型の高出力ビーム刃を形成し、粒子を縦方向に偏向加速させる事で敵機をビーム・サーベルやビーム・シールドごと斬り裂く程の威力を発揮する。非使用時は左腰部にマウントされる。
ヒート・ダガー
両脚部に格納されている実体式の短剣。発熱機能は無く、スラスターの排熱を使って刀身部を加熱する。
脹脛部から取り出して手に持つ以外に足裏から刀身を出せば蹴りの威力を強化できる。或いは足裏から射出または露出させて攻撃する事も可能。
シザー・アンカー
右フロントスカートを展開し、射出式のアンカーとしたもの。本体とはチェーンで接続されている。主に敵機の拘束や自機のポジション固定、接近戦時の牽制、間合い取り等に使用される他、手放したビーム・ザンバーを掴んで振り回すといった芸当も可能。
スクリュー・ウェッブ
木星戦役時に実装された鞭状の武器。先端部が小型のドリルのようになっており、敵機に食い込ませた後、回転させる事で破壊力を向上させる。ワイヤー部分も回転が可能であり、対象を切断する事も可能。X1改・改に引き続き、左リアアーマーに装備。
ガトリング砲
胸部にある髑髏のレリーフの目に2門内蔵されている実弾兵器。元々X3が他の同型機よりも接近戦を意識して造られている為に追加された武器である。
フック・シールド
地球連邦軍で使用されている備品の一つ。先端にワイヤーで接続されたフックが装備されており、主に宇宙でのデブリ回収に使用される。一方で、ふいのデブリ衝突に備えて強靭なシールド機能も併せ持つ。イカロス回収作業時に装備していたものをインプルース・コルニグス戦で使用した。

対決・名場面[編集 | ソースを編集]

インプルース・コルニグス

関連機体[編集 | ソースを編集]

クロスボーン・ガンダムX1フルクロス
木星帝国との最終決戦に向けて本機が更なる改修を受けた形態。
クロスボーン・ガンダムX1改・改
改修前の姿。
クロスボーン・ガンダムX3
改修には保管されていたこの機体の予備パーツを使用している。
クロスボーンガンダムフルアーマー
同じく改・改をベースとする改修機。

商品情報[編集 | ソースを編集]

フィギュア[編集 | ソースを編集]

リンク[編集 | ソースを編集]

脚注[編集 | ソースを編集]

  1. MS1機の稼働には最低でも3機分の補給パーツが必要であるとされ、これらのパーツも木星戦役の際にX3用のパーツも既に制作されていた。