ギリ・ガデューカ・アスピス

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

ギリ・ガデューカ・アスピス(Giri Gadeyuka Aspis)[編集]

死の旋風隊のリーダーを務める少年。木星帝国ニュータイプ兵で、己の能力に絶対の自信があり、それ裏付けるようにモビルスーツでの戦闘能力は高い。何をしても一般人以上の技量を発揮し、続編で彼が作った料理は格別の美味さであった。

「死の旋風隊」ではクァバーゼを駆り、攻撃を担当。本人も接近戦は得意で、クァバーゼのスネークハンドを自在に操る。一時はキンケドゥX1を追い詰めるが、戦いの経験はキンケドゥが一枚上手で、敗退している。地球ではトビアX3と対峙。トビアが機転を利かせ死の旋風隊を追い詰めるが、隙を突いて逆転。しかし直後に現れたキンケドゥの前に完全敗北。自殺を決意するが、バーンズに止められる。

その後地球に住み着いてコックとして働いていたが、木星帝国の「光のカリスト・影のカリスト」の両兄弟が指導者になっている事実を聞いて、ライバル心に火が燈ってトビアに力を貸す。この際、スズキとバーンズに「ツンデレ?」「ツンデレツンデレ」と評されている。

木星帝国の「神の雷」作戦では七人の精鋭の一人として参戦。専用に調整したビギナ・ギナIIを駆り、カリスト兄弟に一騎打ちを挑むも敗北。しかし、カリスト兄弟の邪魔をする事で己の実力を証明すべく、コロニーレーザー・シンヴァツに特攻して発射されるレーザーの射角を変えた。死に際はコックとしての自分が一番楽しめていた事を思い出していた。

なお、フルネームは『鋼鉄の7人』連載時に明らかになった。クロスボーン本編では終始「ギリ」と呼ばれている。

登場作品と役柄[編集]

機動戦士クロスボーン・ガンダム
機動戦士クロスボーン・ガンダム 鋼鉄の7人

人間関係[編集]

ローズマリー・ラズベリー
死の旋風隊の一人。かく乱担当。
バーンズ・ガーンズバック
死の旋風隊の一人。防御担当。地球上ではギリの世話もしていたようだ。
トビア・アロナクス
「海賊少年(後に海賊)」と呼んでいる。仲が良いわけでないが、カリスト兄弟との戦いに手を貸す。
キンケドゥ・ナウ
ベルナデット・ブリエット
カラス
ニュータイプ部隊の「教師」。彼の教えには忠実に守っていた。
光のカリスト
影のカリスト
養成所時代からのライバル。仲がかなり悪い。

名台詞[編集]

U.C.0136[編集]

「木星に忠誠は誓えても……貴様のような下衆総統に振る尻尾は持ってないんだよっ!」
「貴様ら兄弟に……ほえ面をかかせてやるぜえっ!!」
四肢をもがれたビギナ・ギナIIでコロニーレーザーに特攻する際の台詞。

商品情報[編集]

話題まとめ[編集]

資料リンク[編集]

リンク[編集]