ビギナ・ギナII (木星決戦仕様)

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ビギナ・ギナII (木星決戦仕様)
外国語表記 Vigna Ghina II Jupiter Battle Specification
登場作品 機動戦士クロスボーン・ガンダム 鋼鉄の7人
デザイナー

大河原邦男(原型機)

長谷川裕一(本仕様)
テンプレートを表示
スペック
分類 試作型モビルスーツ
型式番号 XM-07B
主動力 熱核融合炉
装甲材質 チタン合金ハイセラミック複合材
開発組織 ブッホ・エアロダイナミックス社(原型機)
改修 宇宙海賊クロスボーン・バンガード
所属 サナリィ宇宙海賊クロスボーン・バンガード
主なパイロット ギリ・ガデューカ・アスピス
テンプレートを表示

概要 [編集]

宇宙海賊クロスボーン・バンガードの所有する試作型モビルスーツ。「ギリ専用ビギナ・ギナII」とも呼ばれる。

旧大戦時に鹵獲されたビギナ・ギナIIを改装した機体で、全体的なフォルムはほとんど変わっていないが、左腕のビームシールドがギリのかつての搭乗機・クァバーゼのスネークハンドに変更されている。ショットランサーも改装前とは別の物が装備された。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士クロスボーン・ガンダム 鋼鉄の7人
パイロットはギリ・ガデューカ・アスピス。「鋼鉄の7人」実行に当たって、状態の良い量産型クァバーゼが残っていなかった事から本機が割り当てられた。
乗り慣れていないC・V軍の機体でありながら、ギリは見事に乗りこなし、木星軍のMS部隊を蹴散らしていた。その後、光のカリスト影のカリストのバイオ脳が搭乗するディキトゥスとの戦闘で両腕と両脚を失いつつもコロニーレーザーシンヴァツに特攻し爆散。射線をずらし、地球へのシンヴァツ第一射直撃を阻止する事に成功した。

装備・機能[編集]

武装・必殺攻撃[編集]

バルカン砲
頭部に2門内蔵。ガンダムタイプを強く意識して装備されたと思われる。
ショットランサー
1基装備。改装前の物とは別物となっている。
ヘビーマシンガン
ショットランサーに1門内蔵。
核弾頭ミサイル
5連装の物を1基装備。ショットランサーの下部に装着して使用する。
スネークハンド
ビームシールドの代わりに左腕に装備された武装。クァバーゼの物を移植したと思われる。
先端にビームソーを備え、アーム部はフレキシブルに可動できる。使い方次第ではビームシールドにもなる。本来、ビームソーは射出して攻撃できるが、本機でも可能かどうかは不明。
ギリの使い慣れた武装であり、宇宙空間であればこれだけでフェザーファンネル等のオールレンジ攻撃に対応可能。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

ビギナ・ギナII
原型機。
ビギナ・ギナビギナ・ギナ ベラ・ロナ・スペシャルビギナ・ゼラビギナ・ロナ
同じビギナシリーズ系列機体。
クァバーゼ量産型クァバーゼ
スネークハンドの転用元。後者が地球連邦軍に鹵獲機として存在するため、そちらから転用したものと思われる。

商品情報[編集]

リンク[編集]