量産型クァバーゼ

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
量産型クァバーゼ
外国語表記 Quavarze Mass Product Type
登場作品
デザイナー 長谷川裕一
テンプレートを表示
スペック
分類 量産型モビルスーツ
型式番号 EMS-VEX1
主動力 熱核融合炉
開発組織 木星帝国
所属 木星帝国
主なパイロット
テンプレートを表示

概要[編集]

木星帝国クァバーゼを指揮官用に量産化したモビルスーツクァバーゼを元々のコンセプト通りに指揮官用に量産化した機体であり、主にカラス率いるニュータイプ部隊によって運用された。

カラーリングは黒を基調とした物に変更され、スネークハンドは癖の強い装備であった為、左腕にのみ装備し、代替装備としてビーム・ライフルを携行している。可変機構も簡略化されており、巡航時にはバタラと同じように脚部を折りたたむが、それ以外の部分は特に変わりない。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士クロスボーン・ガンダム
第5巻第3話にて初登場。その後、第6巻第3話~第4話でカラスが指揮するニュータイプ部隊の主力機として登場した。ノーティラスと共にクロスボーン・ガンダムX3と交戦するも、全機が撃墜される。内1機が最後の悪足掻きとしてX3を狙い撃とうとしたものの「敗者が勝者の行く手を阻んではいけない」を美学とするカラスによりその場で処刑された。
機動戦士クロスボーン・ガンダム 鋼鉄の7人
第8話から登場。イカロス破壊を目論む木星軍への対抗手段としてハリソンが連邦軍の鹵獲機を「作業用」という名目でトビア達の下へ輸送し、クァバーゼの搭乗経験があるギリが搭乗した。渓谷でクロスボーン・ガンダムX1パッチワークハリソン専用ガンダムF91と共にインプルース・コルニグスを迎え撃つものの、俊敏な動きと激しい攻撃の前に大苦戦。F91と共に激しく損傷したため途中からX1とコルニグスの一騎討ちになるが、最後はF91と同時にコルニグスへ止めの一撃を撃ち込んだ。

装備・機能[編集]

武装・必殺攻撃[編集]

メガ粒子砲
頭部に1門内蔵されているビーム砲。クァバーゼ本来の高機動での砲撃戦を想定した武装。
ビーム・ライフル
本機独自形状のライフル。スネークハンドに代わり装備された。
ビーム・ライフル(ジェムズガン用)
『鋼鉄の7人』に登場した鹵獲機が装備。
スネークハンド
先端にビーム・ソーを備えた格闘武装。クァバーゼが両腕にこれを装備していたのに対して、量産型では左腕のみに装備されている。先端のビーム・ソーは射出することも可能。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

クァバーゼ
原型機。
ビギナ・ギナII (木星決戦仕様)
鋼鉄の7人」実行にあたってビギナ・ギナIIを改修した機体。左腕にスネークハンドが追加されており、地球連邦軍が捕獲した本機の物を流用したと思われる。

商品情報[編集]

リンク[編集]