ノーティラス

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ノーティラス
外国語表記 Nautilus
登場作品
デザイナー 長谷川裕一
テンプレートを表示
スペック
分類 量産型モビルアーマー
型式番号 EMA-07
主動力 熱核融合炉
開発組織 木星帝国
所属 木星帝国
主なパイロット
テンプレートを表示

概要[編集]

木星帝国が、その初期段階に開発したモビルアーマー。「ノーティラス」とはラテン語で「オウムガイ」を意味する。

名称の通りオウムガイに似た外見を持ち、1基の大型ジェネレーターに1門の大型ビーム砲を直結するというシンプルなコンセプトで開発されている。機体下部から上部にかけて大型アームが収納されており、展開することで接近戦にも対応することが可能。モノアイセンサーは機体側面中央部に備わっている。

木星戦役の時点で既に旧式化した機体であったが、カラスは個人的趣味で改造した機体に搭乗した。カラス機には他に無い装備として高振動ワイヤーを有する。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士クロスボーン・ガンダム
第6巻第3話〜第4話にカラス機が登場。量産型クァバーゼで構成されたニュータイプ部隊を率いてトビアクロスボーン・ガンダムX3と交戦し、連携によって追い詰めるものの怒りを爆発させたトビアによって撃破された。敗北後、トビアを背後から撃とうとした量産型クァバーゼを大型ビーム砲で撃破し、同時に消滅した。
機動戦士クロスボーン・ガンダム スカルハート
「星の王女様」に量産型と思われる機体が2機登場。キンケドゥクロスボーン・ガンダムX1と交戦し、リーチの長いビーム・クローを使用して優勢に立ったが、ビーム・アックスを発振したペズ・バタラを武器にしたX1の猛攻の前に撃破された。

装備・機能[編集]

武装・必殺攻撃[編集]

大型ビーム砲
機体中央部に1門内蔵されている大出力メガ粒子砲。ジェネレーター直結式で高い威力を誇る。
ビーム・クロー
大型アームに3基内蔵されている近接武装。アームのリーチが長いため、接近戦でも優位に対応できる。
高振動ワイヤー
大型ビーム砲周りに複数内蔵されているワイヤー武装。モビルスーツを軽々と切り裂く威力を発揮するが、反動により自機にも衝撃が伝わるため使用には熟練の腕が求められる。カラス機のみ使用した。

対決・名場面[編集]

VSクロスボーン・ガンダムX3

関連機体[編集]

カングリジョ
同じく木星帝国が開発したモビルアーマー。本機と似たコンセプトを持つ。

リンク[編集]