ペズ・バタラ

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ペズ・バタラ
外国語表記 Pez Batalla
登場作品
デザイナー 長谷川裕一
テンプレートを表示
スペック
分類 対艦攻撃用モビルスーツ
型式番号 EMS-10
主動力 熱核融合炉
開発組織 木星帝国
所属
母艦 マザー・バンガード
主なパイロット
テンプレートを表示

概要 [編集]

木星帝国バタラをベースに対艦攻撃を目的として開発したモビルスーツ。「ペズ」とはスペイン語で「魚」を意味し、機体名をして「闘魚」とも表記される。

機体の前面に高圧・高出力のビーム・アックスを備えており[1]、これで敵艦舷側に体当たりして穴を開け、その内部にミサイルを撃ち込むという作戦目的の為だけにまとめ上げられている。ただし、その場合のパイロットの生還は期待出来ず、一種の特攻兵器とも言える機体となった。開発陣はこの問題点を克服する為、ビーム・アックスを外部装着型のアーマーとして再設計した後継機を開発していたとされる。

ビーム・アックスはビーム・シールドすら切断するクロスボーン・ガンダムのビーム・ザンバーと斬り結べるだけの性能を有しているが、突撃能力に重きを置いている為、側面からの攻撃に弱い。

専用機など [編集]

ペズ・バタラ (トビア機)
木星戦役で海賊軍によって鹵獲・修理された後、トビア・アロナクスの乗機として運用された機体。識別のため機体の左側面に目を模したペイントが施されている。帝国軍側は同機に対し積極的な攻撃を控えており、『クロボン』作中でその明確な理由は明かされていないが、キンケドゥ・ナウの「あまり近づくな」「相手の気持ちがわかる」の反応を察するに、恐らく友軍機との誤認という理由以上に「相手が特攻兵器」という心理的影響があったものと思われる。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士クロスボーン・ガンダム
第一巻第3話にてカングリジョとともにマザー・バンガード攻撃のために投入されたが、作戦の要であったカングリジョが破壊された事で作戦は失敗。大した戦果を挙げられないまま撤退した。後にこの戦闘で鹵獲された1機がトビア・アロナクスの乗機として海賊軍に運用される事になったが、死の旋風隊との戦闘中にベルナデットを拉致したカラスによって手榴弾で破壊された。
機動戦士クロスボーン・ガンダム スカルハート
「星の王女様」にてトビアの搭乗機が登場。『クロボン』の鹵獲機とは異なり、こちらには識別用のマーキングが施されていない。小惑星ネバーランド周辺での戦闘で右腕・右脚を破壊されネバーランドに墜落、そこで住人のトゥインクに回収された。損傷によりビーム・アックスを作動させるだけで手一杯の状態に陥っていたものの、X1が救出に現れた際に機体そのものを巨大な斧として使わせ、敵のノーティラス2機の撃破に成功した。

装備・機能[編集]

武装・必殺攻撃[編集]

ビーム・ライフル
バタラが用いる物と同型のビーム・ライフル。
ミサイル・ランチャー
機体側面に二基備わった三連装ミサイル。ビーム・アックスで敵艦の装甲に穴を開け、その内部に撃ち込む為に用いられる。
ビーム・アックス
機体前面に備わった対艦用大型ビーム・アックス。高圧・高出力のビーム刃を発振させる事ができ、クロスボーン・ガンダムのビーム・ザンバーとも斬り結ぶ事が出来た。
ビーム・シールド
バタラと同様、左腕のナックルガードに搭載。

対決・名場面[編集]

VSクロスボーン・ガンダムX2
VSエレファンテ

関連機体[編集]

バタラ
ベース機。胴体部がビーム・アックス発生器に置き換えられている為、一見すると同型機とは思えない程に機体フォルムが変化している。

商品情報[編集]

リンク[編集]

脚注[編集]

  1. このため、機体はビーム・アックスに手足が生えたような姿をしており、コクピットハッチも機体の側面に設けられている。