ジェムズガン

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ジェムズガン
外国語表記 Jamesgun
登場作品
デザイン 石垣純哉
テンプレートを表示
スペック
分類 汎用量産型モビルスーツ→地上用量産型モビルスーツ
型式番号 RGM-119
全高 14.7m
本体重量 7.1t
全備重量 16.3t
主動力 熱核融合炉
ジェネレーター出力 3,860kW
スラスター総推力 66,810kg
アポジモーター数 16
装甲材質 ガンダリウム合金スーパーセラミック複合材
開発組織 アナハイム・エレクトロニクス社
所属 地球連邦軍
主なパイロット
テンプレートを表示

概要[編集]

アナハイム・エレクトロニクス社宇宙世紀0120年代に開発した地球連邦軍の正式量産型モビルスーツ。当初よりヘビーガンの後継機種として開発されていたが、一連の小型モビルスーツ化に乗り遅れたアナハイムは、基本設計を終えたジェムズガンの設計変更を迫られることとなった。極秘プロジェクト「シルエットフォーミュラプロジェクト」から得られた技術を元に設計変更を行い、完成したのがジェムズガンである。

地球連邦軍の量産機としては初めてビーム・シールドを採用しているが、堅牢かつ安全性や整備性も高く、また少ない改造での特殊環境への対応可能な高い環境適応能力を誇る。低コストで大量生産に適したモビルスーツであったものの、その戦闘力は低い[1]

熟練パイロットの評判も良くなかった事から、新たにジェムズガンのブラッシュアップモデルといえる宇宙用モビルスーツ・ジャベリンの設計に着手することとなった。一方、ジェムズガンは未だ一年戦争時代の機体が継続運用されている地上辺境用の最新鋭機体として配置転換が行われたものの、宇宙世紀0150年代にはジャベリンの地上対応型配備が進み、一気に旧式化した。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士Vガンダム
初登場作品。0150年代では地上用モビルスーツとして地方部隊に配備されているものの、0120年代の技術水準で設計されている同機は旧式以下の性能となり、リガ・ミリティアやザンスカール帝国のモビルスーツには対抗できなくなっていた。
機動戦士クロスボーン・ガンダム
0130年代に正式採用。一部は宇宙用にも配備された。
機動戦士クロスボーン・ガンダム 鋼鉄の7人
ヘビーガンに代わる形で地球連邦軍に配備されている。
機動戦士クロスボーン・ガンダム ゴースト
リガ・ミリティア所属機が登場する。

装備・機能[編集]

武装・必殺攻撃[編集]

バルカン砲
頭部に2門内蔵されている機関砲。
ビーム・サーベル
両腰のサイドアーマー内(内側)に左右一対計2基収納されている。
ビーム・ライフル
小型のライフルで、宇宙世紀0150年代の他機種のビーム・ライフルに比べて収束率が低く、ある意味ジェガン以前のジムシリーズ、つまり連邦軍向け一般量産機仕様ビームライフルの仕様に戻ってしまった感が否めない。
ビーム・シールド
左腕に装備している。
メガ・ビーム・バズーカ
元々はクラスターガンダムの装備。0150年代では連邦軍の標準的なオプション装備である。F90系列規格のハードポイントが無い本機ではハードポイント周りの機能と部品を省いた廉価量産品が採用されている
アンカーシールド
兵装兼作業用機器。伸縮自在のアンカーとある程度の強度のシールドを組み合わせた複合装備。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

ジェムズガン初期量産型
宇宙世紀120年から5年間配備された機体。機体カラーがヘビーガン等と同じライトグリーンで、ビーム・シールドが装備されていない。
ジェムズガン (宇宙艦隊所属機)
ジャベリンが配備されるまでの間、宇宙艦隊に配備されていた機体。ジムカラーに塗装されている。
ジェムズガン (ヨーロッパ地区配備機)
グレーに塗装された機体。後に全ての機体がこのカラーに統一された。
ジェムズガン (インド地区配備機)
緑と白に塗装された機体。
ジェムズガン (アマゾン地区守備隊)
深緑と茶色に塗装された機体。
ジェムズガン (コロニー守備隊機)
各コロニーに配備されている機体。クリーム色と黒に塗装されている。
砂漠用ジェムズガン
砂漠用に現地改修された機体。
ショートショルダー
対人用に改修した現地改修機。
ジェムズガン改
キュクロープスが使用している頭部を改装した機体。
ヘビーガン/ハーディガン
前世代機。ハーディガンに関しては機密機の要素が強かった事も有って繋がりが無いかの様に解説される事も多い。
ジャベリン
ジェムズガンをベースにした宇宙用機体。

商品情報[編集]

リンク[編集]

脚注[編集]

  1. 元々ジェムズガンの原型はヘビーガンであり、そのヘビーガンの原型はジェガンである。再三に渡る旧式モビルスーツからのアップデートは同機の性能を相対的にだが著しく低下させる要因となった