ジム・スナイパーカスタム

提供: ガンダムWiki
Jump to navigation Jump to search
ジム・スナイパーカスタム
外国語表記 GM SNIPER CUSTOM
登場作品
デザイナー 大河原邦男
テンプレートを表示
スペック
分類 量産型モビルスーツ
型式番号 RGM-79SC
頭頂高 18.0m
全高 18.5m
本体重量 47.0t
全備重量 75.3t
主動力 熱核融合炉
ジェネレーター出力 1,390kW
スラスター総推力 68,000kg
装甲材質 チタン合金
センサー有効半径 7,300m
開発組織 地球連邦軍
所属 地球連邦軍
主なパイロット
テンプレートを表示

概要[編集]

一年戦争後期に少数生産された、ジムバリエーション機。質より数を優先したジムの性能に不満を持った熟練パイロットたちからの要望を受けて、ジムを再設計してエースパイロット向けに開発されたうちの1機種である。コストの高さから、50機に満たない生産数となっている。

バックパックを大出力のものに改め、脚部にサブ・バーニアを増設することで全体的に推進力が強化されており、また腰部に増加冷却ユニットを設けることで大出力に対応している。

スナイパーと銘打っているように、R-4ビーム・ライフルを用いた精密射撃を得意とするが、用意された豊富な武装とそれに合わせた個別のセッティングで、様々な役割をこなす戦略的汎用性の高さも本機の特徴である。その多くは射撃特化型だか、艦隊や狙撃部隊の防衛用のセッティングとして、機動力と近接火力に特化した「インターセプター」と防御特化した「ガード」の2タイプは、運用方法・武装・外観で大きく異なるため一年戦争後に別の型式番号が与えられた。

本機はテネス・A・ユング少佐を始めとする多くのエースパイロットに愛用され、ジムなどと共に一年戦争で最も多くの敵機を撃墜した1機である。

登場作品と操縦者[編集]

MSV
出典元。主なパイロットとしてフランシス・バックマイヤーが挙げられている。また、この時点では名前のみ挙がっていた艦隊護衛仕様の「インターセプター」と「ガード」は後の『MSV-R』で新たに設定が用意された。
機動戦士ガンダム 戦略戦術大図鑑
テネス・A・ユングロン・コウの搭乗機として挙げられている。
機動戦士Ζガンダム
第12話に登場。MSV版とは違い、バイザーが青色に変更されている他、武装はジムIIの物を使用している。また、脚部サスペンションシステムやリニアシートシステムも搭載されている。
エース用の機体ではあるが劇中で目立った活躍はなく、登場した殆どの機体が百式ガンダムMk-IIに頭部を破壊されている。
機動戦士ガンダム ブレイジングシャドウ
サイド4宙域を拠点に活動する宇宙海賊『シュテンドウジ』が本機を所有している。
元はサイド6の武器商人ニーゼ・ゲルバンが強く勧めたために買い取ったが、適正に運用できるパイロットがいないために返品される予定だった。しかしジオン残党の部隊『ファラク』との戦闘に際し、シュテンドウジに保護されていたカイン・ラグナードが本機に搭乗して窮地を救っており、以後は彼の専用機として運用されていく事になる。
ファラクを撃破した後、カインがブースターを装備した本機でシャドウズの本部であるコロニー『ギムナシオン2』に向かったが、帰った頃には全身紺色のジム・カスタムで構成された調査隊がサイド4に来ており、彼等の目をそらすために無人のまま宇宙の彼方へと飛ばされた。
MSD
カトキハジメ氏によりリデザインされ、MSV版とほぼ同設定・同デザインで登場。機体の白い部分がグレーに変更されており、より暗めの配色となっている。
超劇場版ケロロ軍曹
カトキハジメ氏による書き下ろしデザインで登場。ジム改寄りのデザインになっており、後にアニメにも登場した。フィギュア『GUNDAM FIX FIGURATION』など立体化もしており、ゲーム作品によってはこのカトキ版デザインで登場する事がある。

装備・機能[編集]

エースパイロットたちには要望や適正に合わせて、前述の通り武装の選択と機体のチューンアップなど、ある程度のカスタマイズが許されていた。

最も重装備だったフランシス・バックマイヤー中尉機は、メインのR-4ビーム・ライフルの他に、前腕部にボックスタイプビーム・サーベルユニットと折り畳み式ハンドビーム・ガンを装備、脚部側面に2連装ビーム・ガンを格納、後腰部にハイパー・バズーカをマウント、頭部は格闘用に開閉式バイザーを増設した。このカスタマイズは多くのパイロットに真似され、生産機体数の約半数がこれに倣った。また、ベースであるジムからほとんどの武装をそのまま流用できる。

武装・必殺攻撃[編集]

頭部バルカン砲
ジム同様、左右に2門内蔵している。頭部にバイザーを増設した都合上、使用時にはバイザーを下げる必要がある。
R-4ビーム・ライフル
高威力・長射程の精密射撃用のビーム・ライフル。
R-7ビーム・ライフル
シュテンドウジ所属機が使用している狙撃用ビーム・ライフル。銃身に射撃安定用のバイポッドが設けられている。
スナイパー・ビーム・ライフル
ジムIIのビーム・ライフルのロングレンジタイプ。主にグリプス戦役時のジャブロー配備機などで確認できる。
折り畳み式ハンドビーム・ガン
ハンドガン型の小型ビーム・ガン。
2連装ビーム・ガン
2連装式のビーム・スプレーガン。銃身を上下に2つ重ねた単純な構造だが、交互に撃ち分けることで高い連射力を誇る。
ハイパー・バズーカ
ジムから流用。
ビーム・スプレーガン
ジムから流用。
ボックスタイプ・ビーム・サーベルユニット
前腕部に装着する、箱形のビーム刃発生装置。通常のビーム・サーベルに比べ、抜刀の動作を省略できるため、即座に使用することが可能。
シールド
ジムから流用。十字マークが付いたタイプ。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

ジム・スナイパーカスタム (シモダ小隊仕様)
本機の内、シモダ小隊が運用するカスタマイズ機。
ジム・インターセプトカスタムジム・ガードカスタム
本機をベースとするバリエーション機。
ジム
原型機。
ジム・キャノン (空間突撃仕様)
脚部ブースターに本機の物が転用されている。
ジム・ライトアーマー
本機同様、熟練パイロットから要望を受けて生産されたうちの1機。
ジム・スナイパー
「スナイパー」の名を冠するが、陸戦型ジムの狙撃用装備というだけで本機との繋がりはない。
ジム・スナイパーII
本機と同様のコンセプトを持つジム・コマンド系列機。

商品情報[編集]

ガンプラ[編集]

MSV版

MSD版

フィギュア [編集]

リンク[編集]