ジム・ガードカスタム

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ジム・ガードカスタム
外国語表記 GM GUARD CUSTOM
登場作品
デザイナー
  • 大河原邦男(MSV-R)
  • カトキハジメ(MSD)
  • テンプレートを表示
    スペック
    分類 拠点防衛用量産型モビルスーツ
    型式番号 RGM-79HC
    主動力 熱核融合炉
    開発組織 地球連邦軍
    所属 地球連邦軍
    主なパイロット 地球連邦軍兵士
    テンプレートを表示

    概要[編集]

    ジム・スナイパーカスタムの後期生産型をベースに開発された防衛用の機体。

    拠点や艦隊の防衛を遂行させるために防御力を格段に引き上げている。MSサイズの大型シールドであるガーディアン・シールドを装備し、防衛対象に急接近してきたMSを近距離で撃破する格闘能力を有している。

    接近戦時に使用する頭部バイザーはただのフェイスガードだったジム・スナイパーカスタムとは異なり、ジム・スナイパーIIと同じく複合センサーを内蔵している。

    しかし、ガーディアン・シールドが一般兵では扱いにくいため、配備は熟練パイロットに重点的に行われた。その結果かスナイパーカスタム系列のなかで戦後まで残存した機体が多く、防御力がその生存性を高めた一つだと考えられるだろう。

    MSD』ではバックパックをガンダム (THE ORIGIN版)からビームサーベル取り付け部を撤去したタイプに変更され、肩部バルカン砲がオミットされている。また、E-2ビーム・スプレーガンではなくジムと同型の物に変更されている。

    登場作品と搭乗者[編集]

    MSV
    文字設定の初出。ジム・スナイパーカスタムのバリエーション機として「ガード」の記述が見られる。
    機動戦士ガンダム 戦場の絆
    出典元。
    MSV-R
    大河原邦男氏によってデザイン画が公開され、更に詳しい設定が書き起こされている。
    機動戦士ガンダム MSV-R ザ・トラブルメーカーズ
    第5話に登場。
    MSD
    カトキハジメによって『ORIGIN』の世界観に合わせてリデザインされた。他のジム系列機よりも、頭部など上半身の形状にジム (THE ORIGIN版)の特徴が現れている。後に武装やバックパック、カラーリングををMSV-R版に準じた機体が設定されている。
    機動戦士ガンダム THE ORIGIN MSD ククルス・ドアンの島
    MSD版の機体が登場。シールドと右肩に狼と爪痕がついた三日月をあしらったマーキングを付けており、ジャブロー内部の戦闘においてジオン軍のMS部隊を単機で壊滅させた。なお、この時はガーディアン・シールドを装備しておらず、代わりにジムと同型の物を装備していた。ア・バオア・クー攻略戦時に再度登場しており、こちらはガーディアン・シールドを装備している。

    装備・機能[編集]

    武装・必殺技[編集]

    60mmバルカン砲
    頭部に2門装備。戦闘時に複合センサーを降ろした際に使用する。
    肩部バルカン砲
    両肩に2問装備。『MSD』版では装備されていない。
    ビーム・ダガー
    近接戦闘用のビーム兵器。前腕部にマウントし、ボックスタイプのビーム・サーベルとして使用することが可能。
    ガーディアン・シールド
    大型の専用シールド。4種類の材質を5層に重ね合わせた複合装甲で構成されており、さらに耐ビーム特殊コーティングを施したことで破格の防御力を誇っている。
    シールド・バルカン
    ガーディアン・シールドに2門内蔵された防衛火器。
    E-2ビーム・スプレーガン
    スナイパーカスタム系機体用に開発されたビーム・スプレーガンの改良型。一機につき2丁装備され、非使用時はサイドアーマーに取り付ける。
    BSjG01ビーム・サーベル
    ジムの標準装備の一つである白兵戦用のビーム兵器。スペック表では2基装備されたことになっているが装備場所は不明。
    ビーム・スプレーガン
    『MSD』に登場する機体が装備している。
    シールド
    ガンダムジムが装備するシールド。『ククルス・ドアンの島』に登場した機体が装備した。

    対決・名場面[編集]

    関連機体[編集]

    ジム・スナイパーカスタム
    ベース機。

    商品情報[編集]

    ガンプラ[編集]

    MSD版

    リンク[編集]