ジム・キャノン

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ジム・キャノン
外国語表記 GM Cannon
登場作品
デザイン 大河原邦男
テンプレートを表示
スペック
分類 中距離支援用量産型モビルスーツ
型式番号 RGC-80
頭頂高 17.5m
全高 18.4m
本体重量 49.9t
全備重量 65.31t
主動力 熱核融合炉
ジェネレーター出力 976kw
スラスター総推力 63,500kg
装甲材質 チタン系合金
開発組織 地球連邦軍
所属 地球連邦軍
主なパイロット リド・ウォルフ、他
テンプレートを表示

概要[編集]

ジムをベースに開発された中距離支援機。ガンキャノンの簡易量産版の開発を目的に開発された。

当初はガンキャノンそのものを量産する予定で少数がロールアウトし配備されていたが、コスト面の問題から、ジムの生産ラインを流用しパーツの共有率を高めた機体を開発する計画が立案され承認、ガンキャノンの簡易量産型として開発され量産に至った。その為、本機はジムとパーツを60%共有している。

本機の1番の特徴は右肩にある240mmキャノン砲。プロトタイプ ジム・キャノンの問題点であった射撃時の安定性の悪さを踏まえて、プロトタイプでは2門あったキャノン砲を1門のロケット砲に変更し、脚部に姿勢安定用の増加装甲を取り付けることで、この問題を解決した。

生産後は北米戦線、アフリカ戦線、ジャブロー、オーストラリア、宇宙艦隊など多くの戦線に配備され活躍している。

また、連邦軍のモビルスーツの中では特にカラーバリエーションが多く、リド・ウォルフ専用機の黒、北米戦線仕様のグレー、アフリカ戦線仕様のサンドカラー、ホワイト・ディンゴのグレー、不死身の第4小隊の赤など多岐にわたる。

登場作品と操縦者[編集]

MSV
出典元。『MSV』展開以前は量産されていない設定だった。連邦軍のMSVで初めてプラモデル化されている。資料によって総生産数が48機または58機とバラつきがあり、宇宙に上がった14機についてもソーラ・レイにより全滅またはほぼ全滅とするものがある。
機動戦士Ζガンダム
第12話「ジャブローの風」に登場。MSVの物とは違う2種類のカラーリング[1]の機体が数機登場した。本機のガンプラのインストによると、元ジオン軍であるキラービー隊の所属機が含まれていたとされている。
機動戦士ガンダム外伝 コロニーの落ちた地で…
ホワイト・ディンゴの初期機体として登場。ジム・キャノンでは珍しくビーム・サーベルを装備している。
機動戦士ガンダム戦記 アバンタイトル
ユーグ・クーロの補給シーンで登場。補給中にビグロの襲撃を受け、他のジムや補給艦共々、撃墜された。他にもジム・コマンドのビーム・ガンを装備した機体も確認できる。
GUNDAM LEGACY
episode 10(単行本第3巻record 13)にてリド・ウォルフ専用機が登場。彼が戦闘機乗りから転向したばかりで操縦に不慣れだったこともあり、思うように戦果を上げることができなかった。
MSD
派生機である空間突撃仕様がMSV-R枠として組み込まれており、本機もカトキハジメ氏による設定画が用意されている。

装備・機能[編集]

武装・必殺攻撃[編集]

60mmバルカン砲
頭部左右に1門ずつ内蔵。
肩部240mmロケット砲
ガンキャノンのキャノン砲と同じ口径のロケット砲。右肩に1門取り付けられている。予備マガジンを腰部リアアーマーに2つマウントできる。
ビーム・スプレーガン
ジムが装備している小型のビーム兵器。
シールド
ジムが装備している十字マーク付きのシールド。ホワイト・ディンゴ隊は十字マーク無しの物を装備している。
100mmマシンガン
地球連邦軍のモビルスーツの汎用装備。ホワイト・ディンゴ所属機が装備。
ビーム・ライフル
ジムIIの物と同型のビーム・ライフル。『Ζ』でジャブローに配備されていた機体が装備している。
ロケット・ランチャー
陸戦型ガンダムの物と同型のロケット・ランチャー。ホワイト・ディンゴ所属機が装備。
ビーム・サーベル
ホワイト・ディンゴ所属機が装備。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

別デザイン [編集]

ジム・キャノン (サンダーボルト版)
サンダーボルト』における本機。ジムにキャノン砲や増加装甲を装備させた機体。カラーリングは本機の物を踏襲している。

系列機・派生機 [編集]

プロトタイプ ジム・キャノン
本機のプロトタイプ。評価試験で判明した問題点を洗い出すことで、本機が開発された。
ジム・キャノン (空間突撃仕様)
本機を宇宙戦用に改装した機体。
ジム・キャノンII
後継機。本機と量産型ガンキャノンのデータを元に開発された。
ジム・コマンドキャノン
ジム・コマンドに本機と同様の改修を施した機体。機体の一部に量産型ガンキャノンのパーツが用いられている。
ジム
原型機の一つ。生産ラインを流用している。本機のパーツの60%はこの機体の物。
ガンキャノン
原型機の一つ。本機は直接の量産機版ではなく派生機亜種機体に当たる。

その他 [編集]

キャノン・イルフート
どこか本機を彷彿とさせる外見を持つ機械人形。初期稿の段階でGキャノンだったものがデザイン元になっている。


商品情報[編集]

ガンプラ[編集]

フィギュア [編集]

リンク[編集]

脚注[編集]

  1. 当時発売されたガンプラの物を含めると計3種類