ジム

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ジム
外国語表記 GM
登場作品
デザイナー 大河原邦男
テンプレートを表示
スペック
分類 汎用量産型モビルスーツ
型式番号 RGM-79
頭頂高 18.0m
全高 18.5m
本体重量 41.2t
全備重量 58.8t
主動力 熱核融合炉
ジェネレーター出力 1,250kW
スラスター総推力 55,500kg
装甲材質 チタン系合金
センサー有効半径 6,000m
開発組織 地球連邦軍
所属 地球連邦軍
主なパイロット
テンプレートを表示

概要[編集]

ガンダムの機体設計データを基に開発された地球連邦軍初の制式採用モビルスーツ。機体名称は「ガンダム マスプロダクトタイプ(GUNDAM Massproduct)」の略[1]であり、「GM」とも表記される。

ガンダムの量産型として生産性・整備性を重視して再設計されており、コアブロックシステムなど試作機故の特殊機構はオミットされている。頭部は頭頂部にメイン・カメラを備えている点こそガンダムと共通だが、額のV字アンテナは廃され、ツイン・アイも簡略化したモデルを採用しガンキャノンに似たバイザーに覆われている[2]。装甲もルナ・チタニウム合金からチタン系合金に変更し生産性を向上させているが、その一方で堅牢性は犠牲になっている。

主に数合わせのために本来の設計を一部省略して生産された前期型と、本来の設計に沿って生産された後期型が存在する[3]。前期型は武装の生産も間に合わない状況の中で戦時急造という形を取ったため、ジオンのMSと比較して性能不足を指摘されることが多かった。さらには機体毎に性能のバラつきが生じ、現場からの不満も続出した。後期型はホワイトベース隊の実戦データがフィードバックされており、生産ラインに余裕ができてきた頃に生産されたため、前期型に比べて性能が向上・安定したものになっている。

徹底したコストダウンによる大量生産は連邦軍の物量戦術を支え、一年戦争を連邦勝利に導いた一因となった。また、機体のフレーム強度や出力に余裕があり、局地戦仕様への派生も容易な為、一年戦争後半に開発された機体でありながら膨大なバリエーション機が存在している。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士ガンダム
初登場作品。味方サイドのやられ役として登場した。劇場版ではバルカンでリック・ドムを牽制しつつビーム・サーベルで撃破する等の活躍シーンが追加されている。
機動戦士ガンダム戦記 Lost War Chronicles
プレイヤーの初期機体として登場。また、漫画版では新兵が本機で操縦訓練を行っている。
GUNDAM THE RIDE
ジャック・ザ・ハロウィン隊の2機が登場。ジャック・ベアード機がバズーカラックを装備、アダム・スティングレイ機がビーム・サーベルを2本装備している。
機動戦士ガンダム MS IGLOO
『一年戦争秘録』第3話と『黙示録0079』第3話に登場。前者はヅダと交戦の末、全滅に追い込まれた。

装備・機能[編集]

前述の通り、質より量を優先し生産された本機の性能には、多くの熟練パイロットたちから不満が上がったため、後に開発されたバリエーション機同様、エースパイロットや一部の小隊には武装の選択や個別のチューンアップが許されていた。

例えば、指揮官向けにカスタマイズされた機体は、ビーム・サーベルを2本装備し、センサー有効範囲の拡大がなされている。

武装・必殺攻撃[編集]

60mm頭部バルカン砲
ガンダムやガンキャノンと同型の物を、左右に1門ずつ内蔵している。ガンダムに比べて頭部構造が簡素なため、弾倉を拡張し装填数が多い。
ビーム・スプレーガン
ジムの主兵装として開発されたビーム系携行火器。ビーム・ライフルと比較して低コストだが収束率が低く射程も短い。ビームはやや拡散気味に発射される為、射程や威力よりも命中率を重視している。威力はビーム・ライフルに劣るものの、連射性の向上に加え、装備そのものがコンパクトな為、接近戦での取り回しに優れた。
多くの機体にはマウントラッチが設けられており、一部はマウント時のエネルギーチャージが可能な機体も存在したとされる。
名称の由来は外見が塗装用のスプレーガンに似ている事から。
ビーム・ライフルの生産が間に合わなかった状況を想定して作られた物だが、一年戦争終結後から実体弾式のジム・ライフルが主力となったため、生産終了となった。
ビーム・サーベル
ガンダムが装備している物と同型。バックパックの左側に1本装備する。指揮官機は両側に1本ずつの計2本装備している。
シールド
ルナ・チタニウム合金製とチタン・セラミック複合材製の二種類が存在。連邦軍記章を模した十字エングレーブが付いているタイプはガンダムが装備している物と同じルナ・チタニウム合金製。十字エングレーブが付いていない物にはチタン・セラミック複合材が使われている。
ハイパー・バズーカ
300mm口径のMS用単砲身ロケットランチャー。弾速の遅さから対MS戦には向かないが、ビーム撹乱幕散布下や悪天候時にも使用できるので、他の多くのMSに流用されている。バックパック右側に専用のラッチを設けた機体も存在する。
ジム・キャノンの配備が遅れた関係から、通常のジムが支援火器として装備する例もあった。
100mmマシンガン
陸戦型ジムなどが携行しているマシンガン。ハイパー・バズーカと同じく、ビーム撹乱幕や天候、大気の状態に左右されない信頼性と安定性から、一部のパイロットや小隊が好んで使う。
90mmブルパップ・マシンガン
ブルパップ型のマシンガン。100mmマシンガンと同様に、動作の確実性から一部のパイロットや小隊が好んで使用した。主に『MS IGLOO』に登場する機体などに見られる。
ビーム・ライフル
ガンダムの物と同じビーム・ライフル。シャア専用ズゴックと交戦した機体が、作画ミスで一瞬だけ装備していた物だが、近年では指揮官向けの高級機は装備可能だったとされている。
ショート・シールド
陸戦型ガンダム等が使用する物と同型の小型シールド。通常のシールド(ラージ・シールド)と比較して取り回しを重視しており、先端部での打突攻撃も可能。

対決・名場面[編集]

機動戦士ガンダム[編集]

シャア専用ズゴック
第29話より、ジャブロー地下での交戦シーン。ビームを連射するが懐に飛び込まれ、胴体に風穴を開けられる。初戦闘にも関わらず、シャア専用ズゴックの方を目立たせてしまう結果になった。
リック・ドム
映画『めぐりあい宇宙』で追加されたシーン。マゼラン級の砲台に攻撃するリック・ドムをバルカンで牽制しつつ、すれ違いざまに両断する機体やジャイアント・バズでスプレーガンを弾き飛ばされながらも、ビーム・サーベルで返り討ちにする機体が登場した。TV版では終始やられ役の機体だったが、乗り手次第で十分に活躍できることを証明した。

GUNDAM THE RIDE[編集]

決死の逃避行
スルガから脱出したランチに襲い掛かったザクレロを撃破したジャック・ザ・ハロウィン隊のジムは、安全な場所を求め、ア・バオア・クーの混戦の中をランチと共に駆け巡る。逃げ惑う中、ガンダムジオングなどのエースと邂逅しつつも要塞内部に逃げ込んだハロウィン隊は、そこでミニ・ソーラ・レイを発見。アダム機が破壊に成功するも、追いすがるザクと共に爆炎に飲み込まれてしまう。アムロの声に導かれ、要塞の外に脱出したジャック機とランチは最新鋭艦ブランリヴァルへの退避に成功。安心したのも束の間、辛うじて脱出に成功したアダム機もMSデッキへと突入。ハロウィン隊は無事、ランチと共に生還する事が出来た。
なお、アダム機が強制着艦した際、ジャック機とハンガーに寝かされていたG-3ガンダムに激突。これによりG-3ガンダムは破損する憂き目を見ている。

機動戦士ガンダム MS IGLOO [編集]

ヅダ
『一年戦争秘録』第3話より、ジム部隊とヅダの対決シーン。軌道上のHLVを一方的に屠っていたものの、援軍として現れたヅダに翻弄される。その後、相手の挑発に乗り、最大推力で飛行するヅダを追跡するが、結果、ヅダよりも先に空中分解を引き起こし自滅。直前に離脱した機体も残りのヅダに撃墜され、部隊は全滅してしまった。

ガンダム短編集 [編集]

ザク・マリンタイプ
第3巻収録の『MS海洋戦記 眼下の宇宙そら』より。ランス伍長の搭乗機として登場する。ジャンプ中に水中からの攻撃を受け落下してしまうも、シールドをサーフボードのように扱いつつ反撃。続く攻撃でシールドを破壊され水中に投げ出されてしまうが、水中での操縦感覚が宇宙空間のものと似ていた事が幸いし、苦戦しつつもザクをビーム・サーベルの一刺しで撃墜する事に成功する。

関連機体[編集]

ジムシリーズ内記述機体(MSV等)はリンク先を参照。

別デザイン・カラーバリエーションなど [編集]

ジム (ホワイト・ディンゴ仕様)
ホワイト・ディンゴ隊が運用する、地上戦用にチューンナップされたジム。
ゲファンナー・ゲム
ジオン軍による鹵獲仕様。実戦投入もされている。
ジム (THE ORIGIN版)
本機のTHE ORIGIN版デザイン。デザインがガンダム寄りになっている他、複数の換装形態を持つ。
ジム (サンダーボルト版)
本機のサンダーボルト版デザイン。暗礁宙域仕様に改修されたもので、ガンダムの物とは異なるがコアブロックシステムが採用されている。
ジム後期生産型(センチネル0079版)
上記の概要の欄で述べた後期型のカトキ版デザイン。

派生機・系列機など[編集]

ガンダム / ガンキャノン
ベース機。基本的に踏襲点はガンダムの比率が高いがガンキャノン寄りの部分も幾つか有る。

運用関連[編集]

ボール
本機と連携して運用された戦闘ポッド。
ゲム・カモフ
敵の欺瞞を目的に本機を模して開発されたジオン軍の機体。

その他・オマージュ・パロディなど [編集]

サム
本機の量産型ないしギャグ機体。作画にも優しいシンプルなデザイン。
GM/GM
ガンダムビルドファイターズ GMの逆襲』に登場する、本機をモチーフとしたガンプラ。可動域や機動性が強化されている。
GBN-ガードフレーム
ガンダムビルドダイバーズ』に登場するガンプラ。機体自体をベースとはしていないが、コンセプトを参考としている。
ノブッシ
F.C.世界のジムに該当する機体。
ドートレス
A.W.世界のジムに該当する機体。
ストライクダガー
C.E.世界のジムに該当する機体。
アルヴァアロン
A.D.世界に登場する機体。その頭部形状ゆえに「金ジム」という通称でファンの間で呼ばれており、ドラマCDのネタにもなっている。
ジェノアス / アデル
A.G.世界のジムに該当する機体。
獅電
P.D世界のジムに該当する機体。

余談[編集]

  • インターネット界隈で用いられるアスキーアートでは「(凸)」と表記される。頭部の形状を模したものだが、これ以上ないほど特徴を捉えている。

商品情報[編集]

ガンプラ[編集]

フィギュア[編集]

書籍[編集]

リンク[編集]

脚注[編集]

  1. 「GUNDAM Model」とする資料もある。
  2. センサー類は機能を維持したまま小型高密度化されており、ガンダムより秀でた数少ない部分でもある。
  3. 更にそれらの中で前期生産型、後期生産型といった細かい分類が存在し、所謂「RGM-79 ジム」は前期型・後期型共に前期生産型に分類され、ジム寒冷地仕様ジム・コマンドなどは後期生産型に分類されている。