アルヴァアロン

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
アルヴァアロン
外国語表記 Alvaaron
登場作品
デザイナー 大河原邦男
テンプレートを表示
スペック
分類 擬似太陽炉搭載型モビルスーツ
型式番号 GNMS-XCVII
頭頂高 17.6m
本体重量 69.2t
主動力 GNドライヴ[Τ]
装甲材質 Eカーボン
開発組織 コーナー家
所属 国連軍
主なパイロット アレハンドロ・コーナー
テンプレートを表示

概要[編集]

アレハンドロ・コーナーが自身の専用機として1ガンダムをベースに開発していたモビルスーツアルヴァトーレの内部に格納されていた機体であり、こちらが本体と言える。機体カラーはアルヴァトーレと同様に金色である。

基本はアルヴァトーレ状態で運用されることを想定しているためか固定武装はなく、携行武装もGNビームライフルとGNビームサーベルのみとシンプルな構成となっている。コックピットは本機独自の物で、アルヴァトーレ状態とアルヴァアロン状態で操縦系統が切り替わる方式である。頭部はガンダムタイプをベースとした機体でありながらバイザー状になっている。

最大の特徴は背部に装備されている2枚のウイングで、GNフィールド発生装置を兼ねている他、GN粒子を圧縮させることでGNビームライフルの威力を高めることが可能。また、ウイングにより高い機動性を有している。

アルヴァトーレ共々「1stシーズンのラスボスの機体」という水島監督の発注を受けて大河原邦男氏がデザインした。が、その頭部等の見た目から、ファンの間での通称は「金GM」。この通称はドラマCDでもネタにされている(ただし、意図的なのか脚本ミスなのか、ドラマCD内では本機ではなくアルヴァトーレの方をこの通称で呼んでいた)。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士ガンダム00(1stシーズン)
パイロットはもちろんアレハンドロ・コーナー
大破したアルヴァトーレの中から現れ、刹那・F・セイエイの乗るガンダムエクシアと交戦するが、最後はトランザムシステムを起動させたエクシアのセブンソードで撃墜されている。
機動戦士ガンダム00N
本機と擬似太陽炉について語られている。機体のカラーリングの金色は耐ビームコーティング効果があるとされるが、一説には「本人の趣味」とも言われている。胸部には、コーナー家の紋章が描かれている。
劇場版 機動戦士ガンダム00
映画「ソレスタルビーイング」にて登場しており、アロウズのフラッグシップ機となっている。デザインも多少違う。カタロンからは「タテガミ」のコードネームで呼ばれている。
サブ・フライト・システムとなったアルヴァトーレに乗って多数のカタロン機を撃墜しているが、最後はマイケル・チャンのダブルオーライザーの一撃を受けて撃破された。

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

GNフィールド
GN粒子で形成されたバリア。様々な攻撃を防ぐ事ができるが、エクシアのGNソードを始めとするGN粒子を纏った実体剣の前には無力。フィールド発生器は背部のウイングで、破損すると使用不可となる。
耐ビームコーティング
耐ビームコーティング効果を持つ装甲。ただし、条件がそろわないと効果が無い。

武装・必殺攻撃[編集]

GNビームライフル
両腕で2挺携行されるビームライフル。アルヴァトーレの副砲も兼ねているためか長砲身となっている。
圧縮粒子ビーム砲
ウイングの粒子圧縮効果を応用した攻撃。GNビームライフルの出力をアルヴァトーレの主砲クラスにまで向上させる。
GNビームサーベル
後腰部に1基装備されている近接武装。両端からビームを出力させられる。

対決・名場面[編集]

ガンダムエクシア

関連機体[編集]

アルヴァトーレ
本機が格納されているモビルアーマー
1ガンダム
ベース機。
1.5ガンダム
1ガンダムの強化改修機。アルヴァアロンのデータが使用されている。

商品情報[編集]

フィギュア[編集]

資料リンク[編集]

リンク[編集]