映画「ソレスタルビーイング」

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

映画「ソレスタルビーイング」(Celestial Being The Movie)[編集]

劇場版 機動戦士ガンダム00に「(劇場版の舞台である)西暦2314年に公開された映画」として登場する劇中劇。その劇中にはいくつかのガンダム作品のパロディシーンが挿入されている。

西暦2312年に起きたイノベイターイノベイド)との最終決戦を基に作成された物語。実際は新政権になって間もない地球連邦政府の宣伝を兼ねたプロパガンダ作品である。
しかし、真実とは大きく異なりドラマチックに作られている為、その戦いを実際に体験した沙慈は「戦争を美化しすぎ」と呆れてしまった。

現実の観客は事前に情報がなかった事もあり、衝撃を受け唖然とさせられた者が多い。
わざわざポスターやBGMまで作ってしまう程の気合の入りようである。

ストーリー[編集]

西暦2312年、地球連邦を掌握する独立治安維持部隊アロウズを倒し、世界を変える為に戦う私設武装組織ソレスタルビーイングの4人の若きガンダムマイスター達を描いた物語。

登場人物[編集]

マイケル・チャン
本作の主人公で、ダブルオーガンダムのマイスター。左目の下に傷を持っている。「宇宙粒子病」なる病に侵されているらしい。
ウォーレン
ケルディムガンダムのマイスター。眼鏡をかけている。
ジェニファー
アリオスガンダムのマイスター。マイケルの恋人。
オルソン
セラヴィーガンダムのマイスター。語尾に「バイ」をつけて話す黒人。
アレハンドロ
アルヴァアロンのパイロットで、アロウズの首魁。

登場機体[編集]

ダブルオーガンダム
マイケルの乗るガンダム。「二個付き」と呼ばれており、実体剣を主兵装としている。トランザム起動中は青いオーラに包まれ、「ハイパー・ライジングソード・ファイナル・アタック」なる必殺技が使用可能となる。
ケルディムガンダム
ウォーレンの乗るガンダム。遠距離からの狙撃を得意としている。トランザム中は緑のオーラに包まれる。
アリオスガンダム
ジェニファーの乗るガンダム。通称は「羽根付き」。2連装マシンガンを主兵装とする可変機。トランザム中のオーラの色はオレンジ。
セラヴィーガンダム
オルソンの乗るガンダム。通称は「デカブツ」。高出力ビーム砲とGNフィールドにより高い火力と防御力を持つ。また、本機から発射される球状のビームには敵機を破壊せずに拘束する効果がある。トランザム中のオーラの色は紫。
アルヴァアロン
アレハンドロの乗るMS。カラーリングは金色で、背部から放出されるGN粒子の様子と尾が付いている事から「たてがみの奴」と呼ばれている。
アルヴァトーレ
アルヴァアロンの支援用MAで、こちらも金色。多数のビーム砲を搭載している。
アヘッド
アロウズのMS。一般機と角付きの隊長機が存在し、背部には翼のようなパーツが存在する。ちなみにこれを連結させると大型ブーメランとして使用可能。

スタッフ[編集]

監督
ソーセージ・ミズシマ
マイケル・チャン役
マモー・ミヤノ

その他[編集]

上映時間
3時間48分(途中、10分間休憩あり)
同時上映
CB(ちーびー)キャラ the ムービー!!
劇場プレゼント(光るソレスタライト)付き前売券
大人1,300円、子供800円、ペア2,500円
入場者特典
限定キャラカード

登場作品[編集]

劇場版 機動戦士ガンダム00
劇中劇として登場。沙慈は呆れていたが、一緒に鑑賞した友人などには受けがよかったようである。
ヴェーダの交信記録
設定や内容の一部が公開されている。
スメラギラッセミレイナも視聴したようだ。
機動戦士ガンダム00I 2314
予告編が流されている。また、レオ・ジークが休暇を使ってこの映画を見ようとしていた(結局、休暇が取り消しになったために見られなかったが)。
機動戦士ガンダム00N
実はこの映画が「着ぐるみによる特撮」だった事が判明した。
劇中の機体がやたら人間くさいフォルムをしていたのはこの為だと思われる。

関連用語[編集]

ソレスタルビーイング
劇中の主人公サイド。
カタロン
劇中の主人公サイドの協力者。
アロウズ
劇中の敵サイド。

関連商品[編集]

話題まとめ[編集]

資料リンク[編集]

リンク[編集]