カタロン

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

カタロン(Katharon)[編集]

アロウズ創設後に設立された反連邦組織。地球連邦政府の一方的な弾圧に反発して世界各地で戦いを続けている。

彼等の多くは連邦の圧政に耐えかねた者や、未だ貧困の只中にある非連邦加盟国の出身者である。しかし、反アロウズという目的に向けて一時的に結束したに等しい為に、一枚岩とは言えず統率がとれていない感も否めない。

各地の基地に所属せず、様々な形で潜伏やゲリラ活動を行っている者もいる。またクラウス・グラードの様にソレスタルビーイングと共闘し、支援しようとする者も存在する。

規模[編集]

地上だけでなく宇宙にも基地を所有する。所有戦力は既に旧式となった太陽炉非搭載型のMSばかりで、擬似太陽炉搭載機を多数所有するアロウズには、常に劣勢を強いられている。

知名度[編集]

それなりには知られているが、世間からはヴェーダを使った情報統制により「世界の平和を脅かすテロ組織」として認知されているようである。

構成要素[編集]

元三大国家群の軍人達や反政府組織のメンバー等で構成されている。また、ケルディムガンダムのマイスターとなったライル・ディランディは本組織のエージェントという顔を持つ。

元軍人も多く、技量自体は高い者が多いが、それでも太陽炉搭載機と旧型機の性能差を埋められる程ではない。

マリナ・イスマイールソレスタルビーイングに救助されて以降は彼等に同行しており、一時は傷付いて訪れた刹那を救った事もある。
また、彼女がいた頃には施設には6人の身よりの無い子供達が引き取られており、彼等は後にマリナと共に自分達の作った歌を世界に広めている。尚、子供達はアロウズ崩壊後もマリナのもとに引き取られており、老成した彼女と一緒に成人した子供達が写った写真が部屋に飾られている。

所有戦力[編集]

登場作品[編集]

機動戦士ガンダム00(2ndシーズン)
アロウズと戦っていたが、活動を再開したソレスタルビーイングやアロウズ及び現連邦政権のやり方に疑問を抱いていた連邦正規軍のクーデター派と共闘。しかしそれでもメメントモリ攻略作戦やブレイク・ピラーでかなりの戦力を喪失する等、甚大な被害を受けた。
イノベイターイノベイド)勢力との決戦後は、武装組織としてのカタロンは解散する事になり、代わりに連邦政府の一政党として政治に参加している。

関連地名[編集]

中東
アザディスタン王国

関連組織[編集]

地球連邦政府
地球連邦軍
アロウズ
ソレスタルビーイング

歴史[編集]

話題まとめ[編集]

資料リンク[編集]

リンク[編集]