2020年2月5日(水)および2月19日(水)10:00~13:00に、上位プロバイダによるメンテナンスのため、wikiサービスの停止が発生します。ご利用のみなさまには大変ご不便をおかけしますが、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

ティエレン地上型

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ティエレン地上型
外国語表記 Tieren Ground Type
登場作品 機動戦士ガンダム00
デザイナー 寺岡賢司
テンプレートを表示
スペック
分類 地上用量産型モビルスーツ
型式番号 MSJ-06II-A
頭頂高 18.1m
本体重量 121.3t
装甲材質 Eカーボン
開発組織 人類革新連盟
所属 人類革新連盟
地球連邦平和維持軍
カタロン
主なパイロット 人革連一般兵、他
テンプレートを表示

概要 [編集]

人類革新連盟が開発した地上用の量産型モビルスーツ

ユニオンフラッグAEUイナクトと比べて機動性は低いが、分厚い装甲による高い防御力と強力なパワーを持つ。既に旧式の部類に入るものの、信頼性も高い。他の機体と違い、コクピットは基本的に立座式となっており、専用のパイロットスーツを着用して搭乗する。

機体の型式番号からも分かる通り、立ち位置としては宇宙世紀作品におけるザクIIに近い。

ちなみに「ティエレン」は「鉄人」の中国語読みである。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士ガンダム00(1stシーズン)
人類革新連盟の主力機として運用され、ソレスタルビーイングのガンダムと幾度となく交戦しているが、ほとんど太刀打ちできずに撃破されている。
機動戦士ガンダム00(2ndシーズン)
地球連邦平和維持軍カタロンで運用されていた。

装備・機能[編集]

武装・必殺攻撃[編集]

200mm×25口径長滑腔砲
本機の主兵装。腕部に装着して使用する。徹甲弾をはじめ、様々な弾頭が用意されている。
12.7mm機銃
長滑腔砲に装備されている機銃。
30mm機銃
左胸に内蔵されている。対空、対人用として使用される。
カーボンブレイド
接近戦用の武装。不使用時は腰部に装着される。
シールド
左足に装着されている実体盾。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

ティエレン長距離射撃型
長距離射撃特化型。頭部が大型の滑腔砲に換装されている。
ティエレン対空型
対空攻撃特化型。上半身に対空装備が多数装備されている。
ティエレン宇宙型ティエレン宇宙指揮官型
宇宙戦仕様。推進剤である水を搭載したタンクを脚部に装備している。
ティエレン高機動型
ホバーによる高速移動やウイングとジェットエンジンによる滑空降下を可能とするバリエーション機。
ティエレン高機動B型ティエレン高機動B指揮官型
ウイングとジェットエンジンをオミットし、ホバー移動に特化した機体。
ティエレンタオツー
超兵専用の特殊バリエーション機。地上・宇宙の両方で運用が可能。
ティエレン全領域対応型
ティエレンの次世代型。タオツーと同様、地上・宇宙の両方で運用が可能。
ティエレンチーツー
タオツー及び全領域対応型のプロトタイプ。
ティエレンジィージュー
軌道エレベーター守備用のバリエーション機。
ファントン
前世代機。
アヘッド
アロウズにおいて旧人革連の技術者達が中心となって開発した機体。ある意味で『GNティエレン』とも言える機体。
ザクII
オマージュ元と思われる。形式番号・モノアイ・緑色などといった点で共通している。

商品情報[編集]

ガンプラ[編集]

フィギュア [編集]

資料リンク[編集]

リンク[編集]