ティエレンタオツー

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ティエレンタオツー
外国語表記 Tieren Taozi
登場作品 機動戦士ガンダム00
デザイナー 寺岡賢司
テンプレートを表示
スペック
別名 ティエレン超兵型
分類 汎用試作型モビルスーツ
型式番号 MSJ-06II-SP
頭頂高 18.7m
本体重量 112.1t
主動力 バッテリー
装甲材質 Eカーボン
開発組織 人類革新連盟
所属組織 人類革新連盟
所属部隊 頂武
主なパイロット ソーマ・ピーリス
テンプレートを表示

概要[編集]

人類革新連盟が開発した汎用試作型モビルスーツ。別名「ティエレン超兵型」。汎用機として開発中だった次世代型ティエレンの試作機を超兵仕様に改装している。

全身に姿勢制御スラスターを装備し、一般機を凌駕する高機動性を誇る。また、通信・索敵機能も強化された。性能は高いが、超兵以外のパイロットが乗りこなすのは不可能。コクピットは当初は一般機と同様のヘッドディスプレイ仕様であったが、後に全周囲型モニターの仕様に変更されている。

他のティエレンシリーズとは異彩を放つピンクのカラーリングが特徴。ちなみにタオツーは漢字で「桃子」と書き、まさに名が体を表している。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士ガンダム00(1stシーズン)
第5話で初登場。超兵であるソーマ・ピーリスの乗機として運用され、ソレスタルビーイングのガンダム、特にアレルヤ・ハプティズムガンダムキュリオスと幾度となく交戦した。
その後、ジンクスが配備された為、ピーリスはそちらに乗り換えている。それ以降の本機の行方は不明。

装備・機能[編集]

武装・必殺攻撃[編集]

200mm×25口径長滑腔砲
本機の主兵装。腕部に装着して使用する。徹甲弾をはじめ、様々な弾頭が用意されている。本機の物は2枚の放熱板がついており、ブレイドとしても使用可能。
12.7mm機銃
長滑腔砲に装備されている機銃。
30mm機銃
左胸に内蔵されている。対空、対人用として使用される。
シールド
両肩に装着されている実体盾。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

ティエレンチーツー
試作機。
ティエレン全領域対応型
タオツーの原型となった次世代ティエレンの完成型。
アヘッド脳量子波対応型
アヘッド超兵用カスタム機。本機に倣って「スマルトロン」と言う開発機体名を付けられている。

商品情報[編集]

ガンプラ[編集]

資料リンク[編集]

リンク[編集]