アヘッド脳量子波対応型

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

GNX-704T/SP アヘッド脳量子波対応型
(Ahead Quantum Brainwave Compatability Type/Ahead Smultron)
[編集]

アロウズ擬似太陽炉搭載型モビルスーツ。通称は「アヘッド・スマルトロン」。
アヘッドをパイロットの脳量子波に対応可能なように改修したテスト機。超兵仕様になった事で機体の追従性が向上した。
背部の特徴的なパーツは大型推力偏向スラスターで、大幅に運動性を高めている。他にもティエレンタオツーの系譜を感じさせる肩部スラスターも装備しており、全体的に機動性の向上が図られている。

「スマルトロン」とは「野イチゴ」の意味であり、ティエレンタオツーの「桃」(タオツーを中国語で表記すると「桃子」となる)との韻を踏んだものとなっている。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士ガンダム00(2ndシーズン)
パイロットはソーマ・ピーリスルイス・ハレヴィ
当初はピーリスの搭乗機としてカティ・マネキン大佐の部隊に配備され、アレルヤ・ハプティズムの搭乗するアリオスガンダムと交戦している。ピーリスがアロウズを離脱してからはリボンズ・アルマークの根回しでルイスの乗機となり、ソレスタルビーイングのガンダムと幾度となく交戦した。後にルイスがレグナントに乗り換えてからの本機の行方は不明。

装備・機能[編集]

武装・必殺攻撃[編集]

GNバルカン
頭部に2門、シールドに1門内蔵されている速射式の小型ビーム砲。主に牽制等に使用される。
GNビームライフル
本機の主兵装。アヘッドの物より大型化されており、粒子圧縮率の変更等と言った改良が多く加えられている。照準などを脳量子波によって制御する仕組みになっている為、本機以外では使用できない。
GNサブマシンガン
ビームライフルからバレルとGNコンデンサーを取り外した状態。威力や射程よりも連射性が重視されている。
GNビームサーベル
両肩に1本ずつマウントされている接近戦用の武装。
GNシールド
Eカーボン製の実体盾で、高機動戦闘を考慮して形状が変更されている。表面にはGN粒子を定着させており、ビーム・実弾を問わず防御可能。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

アヘッド
アヘッド近接戦闘型
アヘッド強行偵察型
ノーヘッド
ティエレンタオツー

商品情報[編集]

話題まとめ[編集]

資料リンク[編集]

リンク[編集]