アロウズ

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

アロウズ(A-LAWS)[編集]

機動戦士ガンダム00」に登場する部隊。

国連が発展し地球連邦が設立される事になる。その地球連邦の正規軍とは別に、治安維持等を目的として組織された独立治安維持部隊、それがアロウズである。

世界は統一されたとはいえ反勢力組織は依然残っており、治安維持活動の名の元に、反政府組織や主義思想および連邦の意向に賛同しない国等に、弾圧や武力介入などの強行かつ残虐な活動を行っていた。

背後にはリボンズ・アルマークが率いるイノベイター(イノベイド)が付いており、イノベイターの技術を使った新型機の配備やイノベイターが配属されている。

イノベイターやミスターブシドーなどには独自行動を許可する「ライセンス」が与えられている。

最終的にソレスタルビーイングにイノベイターは敗北した事で、弾圧行動が明るみとなり、解体されている。

西暦2014年には新政権によりアロウズを悪、ソレスタルビーイングを正義として描いたプロパカンダ映画「ソレスタルビーイング」が制作されている。

その高圧的なまでの姿勢は「機動戦士Ζガンダム」に登場する敵対組織「ティターンズ」に近い。

規模[編集]

新型MSの配備、独自行動、同階級の優遇などと連邦軍より待遇されている。当初は、4000万人の人員だったが、ブレイクピラー事件にて連邦軍を吸収し、大規模の部隊となった。

知名度[編集]

連邦兵は表面上しか知らず、アロウズもメメントモリの存在はごく一部しか知らされていない。 情報操作により一般市民には実態が知らされていなかったが、新政権により実態が暴露された。

登場作品[編集]

機動戦士ガンダム00(2ndシーズン)
地球連邦軍の特殊部隊。

構成要素[編集]

関連地名[編集]

関連組織[編集]

地球連邦軍

主な構成員[編集]

幕僚幹部[編集]

ホーマー・カタギリ
アーサー・グッドマン

館長、佐官クラス[編集]

カティ・マネキン
アーバ・リント
ビリー・カタギリ
リー・ジェジャン

主なパイロット[編集]

ルイス・ハレヴィ
アンドレイ・スミルノフ
ソーマ・ピーリス
バラック・ジニン
パトリック・コーラサワー
デカルト・シャーマン

ライセンサー[編集]

ミスター・ブシドー
リヴァイヴ・リバイバル
ヒリング・ケア
ブリング・スタビティ
デヴァイン・ノヴァ

歴史[編集]

話題まとめ[編集]

資料リンク[編集]

リンク[編集]