デヴァイン・ノヴァ

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

デヴァイン・ノヴァ(Divine Nova)[編集]

イノベイターイノベイド)の一人で、エンプラスのパイロット。
ブリング・スタビティと同じ塩基配列パターンを持ち、彼と同じく寡黙な性格だが髪型は短髪にしている。

登場作品と役柄[編集]

機動戦士ガンダム00(2ndシーズン)
アロウズに所属してリヴァイヴ・リバイバルヒリング・ケアと共にソレスタルビーイングのガンダムを苦しめている。その後、ブレイクピラーの際にメメントモリ2号機を破壊しに来たダブルオーライザーと交戦。トランザムライザーによるライザーソードでGNフィールドごと一刀両断され戦死した。

人間関係[編集]

ブリング・スタビティ
同じ塩基配列パターンを持つ分身。
ヒリングらの前では「ガンダムに倒された彼に対して怒りを感じている」と告げていたが、本心では彼の敵討ちに燃えていたようである。
リボンズ・アルマーク
仲間。
リジェネ・レジェッタ
仲間。
リヴァイヴ・リバイバル
仲間。
ヒリング・ケア
仲間。
カティ・マネキン
アロウズでの上官。
アーサー・グッドマン
アロウズでの上官。ブレイクピラーの際には彼の指揮下に入っていた。
ルイス・ハレヴィ
アロウズでの同僚。エンプラスが「いずれ彼女が乗る機体」のプロトタイプである事を教えた。
刹那・F・セイエイ
沙慈・クロスロード
ブレイクピラーの際に交戦するが、彼らによって撃墜された(正確には沙慈はライザーシステム調整のために同乗しているだけだったが)。

名台詞[編集]

「私は怒りに震えている。ブリング・スタビティの不甲斐なさにだ。」
2nd第15話より。戦死したブリングに失望と怒りを露わにした台詞。だが本心は・・・。
「ブリングの仇ぃぃぃ!!!!」
2nd第17話より。ブリングの敵討ちをしようとしたときの台詞。内心では彼を大切に思っていた。
しかし、ほどなくしてエンプラスはダブルオーライザーのライザーソードで両断されてしまい、これがデヴァインの最後の台詞となった。

搭乗機体・関連機体[編集]

エンプラス
乗機。

商品情報[編集]

話題まとめ[編集]

資料リンク[編集]

リンク[編集]