リジェネ・レジェッタ

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
リジェネ・レジェッタ
外国語表記 Regene Regetta
登場作品
声優 朴ろ美(『ろ』は王へんに『路』と書く)
デザイナー 高河ゆん
テンプレートを表示
プロフィール
種族 イノベイター (イノベイド)
性別 無性別 (男性寄り)
年齢 不明
髪色
瞳の色 茶色
所属 イノベイター (イノベイド)勢力
主な搭乗機 ガルムガンダム
テンプレートを表示

概要 [編集]

イノベイターイノベイド)の一人。ティエリア・アーデと同様、塩基配列パターン0988タイプの遺伝子から生み出されたイノベイターであるため、互いに容姿が似ている。リジェネ(regene)とレジェッタ (regenerationの変形か?)はどちらも「再生」を意味する。

リボンズには協力的であるが、時折、彼の意に従わない行動を取ることが多い。それは彼自身の打算があるからこそである。終盤でリボンズに成り代わろうと彼を殺害するが、直後に彼のスペアドールが現れ、彼に連れ添ったサーシェスによって射殺された。しかし、その脳量子波はティエリアと共にヴェーダを乗っ取る事に成功する。

なお、作中に登場したイノベイターの中では彼だけが唯一、MSに乗らなかった(というより、搭乗機が無かった)が、外伝の『00I』ではガルムガンダムに乗っている。

登場作品と役柄[編集]

機動戦士ガンダム00
初登場はファーストシーズンのエピローグ。放送当初、ティエリア・アーデと同一人物かと話題になっていた。セカンドシーズンでは、イノベイターの一員だが、敵対するティエリアと接触したり、王留美ヴェーダの位置情報を流出するなど不可解な行動をした。次第にリボンズに対する反発と、それが発展してリボンズ自体の排除をもくろむ野望を持っていることが明らかになる。
機動戦士ガンダム00I
上述のようにリボンズに対抗する行動をしており、そして彼に取って代われるだけの力を欲していたところ、ビサイドから、リジェネはレイヴらがヴェーダからの指令で探している『6人の仲間』の資格者であることを知らされる。早速テリシラらの前に現れるが対立。その後、使命を優先しようと言うレイヴの説得に折れたテリシラとレイヴによって覚醒し、「オリジナルを含む全ての太陽炉のコントロール」という能力を得る。しかしヴェーダの目的を知ると自分以外の5人をビサイドを使って排除しようとするが、ハーミヤの能力で覚醒した能力と使命に関する全ての記憶をリセットされてしまった。
機動戦士ガンダム00V戦記
互いの利害が一致したネーナの依頼を受けて、サーシェスを討つための機体である「アルケーガンダムドライ」の設計データを彼女に用意していた。

人間関係[編集]

イノベイター (イノベイド)勢力[編集]

リボンズ・アルマーク
創造主。彼が独裁者然と振舞うことを嫌って独自の行動を始めるが、その野望は脳量子波で彼に筒抜けで、00Iでレイヴ達の「6人の仲間」の資格があり、それによって自分に対抗しようとしていることも把握していた。ただし、小説版ではリボンズ自身は自身への叛意はともかく、計画遂行のために動いている点でリジェネのことを評価していたことが語られている。
リヴァイヴ・リバイバル
仲間。
ヒリング・ケア
仲間。
ブリング・スタビティ
仲間。
デヴァイン・ノヴァ
仲間。
アニュー・リターナー
仲間。
アリー・アル・サーシェス
ロックオン・ストラトス(ライル・ディランディ)によって射殺される。
ネーナ・トリニティ
手駒として暗躍させるつもりであったが、当のネーナはリジェネを含むイノベイターの謀殺をも考えていた。なお、小説版ではリジェネがネーナの死後に「飼い主への噛みつき癖があった」と評していたので、危険性は充分認識していたようである。
ビサイド・ペイン
『00I』ではリボンズに対抗するために手を組む。

ソレスタルビーイング [編集]

ティエリア・アーデ
同異体。それゆえか共に計画を遂行したいという想いは強かった。ついには最終決戦でリボンズに一泡吹かせるために彼に協力した。
刹那・F・セイエイ
彼が純粋種のイノベイターに覚醒した事を察知。直接の面識は無い。
王留美
手駒として利用。

アロウズ[編集]

ルイス・ハレヴィ
彼女と接触して、彼女を簡易的に戦いへと引きずり込んだ。

名台詞[編集]

機動戦士ガンダム00 [編集]

「僕らは神でもなければ万能でもないよ。彼はそう思っているだろうけど」
メメントモリ1号機が破壊された際、王留美に対して。「彼」とはもちろんリボンズのこと。
「純粋なるイノベイターの脳量子波がツインドライヴと連動し、純度を増したGN粒子が人々の意識を拡張させる。完全なる進化を遂げたか、刹那・F・セイエイ…君こそが真のイノベイターだ」
刹那の覚醒の際のいささか説明的な台詞。自分が真のイノベイターに似せた存在であることを理解していた。

搭乗機体・関連機体[編集]

ガルムガンダム
『00I』にてレイヴらと会うために搭乗。

余談[編集]

  • 女性寄りの外見を持つため、初登場時は「遂に女ティエリアの登場か?」とファンに思われた。
  • 声優の朴ろ美氏はティエリア役の神谷浩史氏と『SDガンダムフォース』にて共演している。朴ろ美氏はシュウト、神谷浩史氏はキャプテンガンダム役に加え、大人時代のシュウトも担当している。
  • 朴氏はかつてロラン・セアックを演じており、リボンズ役が「蒼月昇」を名乗った古谷徹氏であった事から、「イノベイターは全員、歴代ガンダム主人公の声優になるのではないか」と1stシーズン終了時に囁かれた事がある。

商品情報[編集]

資料リンク[編集]

リンク[編集]