アルケーガンダムドライ

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

GNW-20003 アルケーガンダムドライ(Arche Gundam Drei)[編集]

イノベイターイノベイド)が開発した擬似太陽炉搭載型モビルスーツ
アルケーガンダムのバリエーション機で、戦闘支援や戦場支配を主眼を置いて開発されており、そのコンセプトはガンダムスローネドライから引き継がれたものである。その為にGNステルスフィールドが使用可能となっている。また、支援機である為、武装は少々貧弱であるものの基本戦闘力も高い。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士ガンダム00V戦記
ネーナ・トリニティ専用機であり、打倒サーシェスの為にネーナが屈辱に耐えながらも依頼した結果、リジェネ・レジェッタリボンズ・アルマークに「サーシェスの為の支援機」と言う名目で(実際には対アルケーガンダム用として)開発を進めていた。
だが、彼女はルイス・ハレヴィとの戦いで死亡した為、搭乗する事はなかった。もっともこの機体があったとしても、ネーナの技量でどこまでサーシェスと渡り合えるかは疑問である。

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

GNステルスフィールド
バックパックとサイドアーマーからGN粒子を広域に最大散布し、レーダー等を無効化する巨大なジャミングフィールドを形成する。スローネドライのものからさらに改良が加えられており、このフィールド内ではビームが拡散され、GNファングのコントロールも途絶させる事が可能とされる。更にフィールド領域も操作可能であり、やり方次第ではこちらだけビーム兵器を使用できるという運用法も可能。
分離
コアファイターに分離して脱出可能。ちなみに、本機のコアファイターはガデッサ等の物と異なり、擬似太陽炉を搭載していない。

武装・必殺攻撃[編集]

GNハンドガン
自衛用として右腕に装着されている武装。銃身が折り畳み式になっている。
GNビームサーベル
GNハンドガンの銃口からビーム刃を発生させる事でビームサーベルとしても使用可能。
GNファング
両腰部サイドアーマーに1基ずつ格納されている無線式の誘導兵器。こちらも自衛用である。ビーム砲を1門内蔵しており、高速移動しつつ全方位から攻撃を仕掛ける。また、ビームサーベルを形成する事もでき、敵機に自ら突撃してダメージを与えるという使い方も可能。見た目はスローネツヴァイの物と酷似しているが、GNコンデンサーの大型化による粒子貯蔵量の増加や、運用時に展開される前進翼と尾部スラスターの改良により性能が以前より5%ほど向上している。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

アルケーガンダム
ガンダムスローネドライ
ヤークトアルケーガンダム
ガンダムスローネツヴァイ

商品情報[編集]

話題まとめ[編集]

資料リンク[編集]

リンク[編集]