ガルムガンダム

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ガルムガンダム
外国語表記 GRM GUNDAM
登場作品
デザイナー 柳瀬敬之
テンプレートを表示
スペック
分類 イノベイターイノベイド)専用次世代試作型モビルスーツ
型式番号 GNZ-001
頭頂高 22.9m
総重量 61.4t
主動力 GNドライヴ[Τ]
装甲材質 Eカーボン
開発組織 イノベイターイノベイド)勢力
開発拠点 ソレスタルビーイング号
所属 イノベイターイノベイド)勢力 ⇒ フェレシュテ
主なパイロット
テンプレートを表示

概要[編集]

イノベイターヴェーダから引き出したデータを基にして開発した擬似太陽炉搭載型モビルスーツヴェーダ内部のガンダムの設計データを元に開発されており、特に第2世代機であるガンダムプルトーネのデータが反映されている。

後に開発される「GNZシリーズ」のベースとなっており、バックパックにコアファイターシステムが採用されている、頭部にラインセンサーが備えられている、両肩にGNコンデンサーを内蔵している等共通点が多々ある。

「ガルム」は「Generation of reborn MS(生まれ変わったMSの世代)」の略称であると同時に、(綴りこそ違うが)北欧神話の猟犬である「Garm」の意味も込められている。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士ガンダム00V
ビリー・カタギリイノベイターイノベイド)らに協力していた際に本機がコロニー型外宇宙航行母艦ソレスタルビーイングの格納庫内に置かれていたのを目撃している。
機動戦士ガンダム00I
レイヴ・レチタティーヴォらと会うため、リジェネ・レジェッタが搭乗。
リジェネが覚醒した能力で擬似太陽炉をバーストさせた後、機体は放棄された。
機動戦士ガンダム00I 2314
パイロットはレオ・ジーク
リジェネが放棄した機体をフェレシュテが接収し、予備機として軌道エレベーター内に秘匿していた。
当初は主動力が何も搭載されていない状態であった為に稼動は不可能であったが、ELSとの最終決戦時に地球連邦軍からくすねてきた擬似太陽炉を搭載して出撃し、迎撃を行っている。
その後、レオが脳量子波を使って脳量子波遮断施設に向かうELSを誘導して機体を侵食させるが、完全に侵食される直前にELSが人類を理解した事によってガルムガンダムEに生まれ変わっている。

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

GNフィールド
GNシールドから形成するGN粒子のバリア。大抵の攻撃は防げる。擬似太陽炉を使用している為回数は制限される。
分離
コクピットごと擬似太陽炉が分離し、コアファイターとなる。

武装・必殺攻撃[編集]

GNバルカン
両腕部に1門ずつ内蔵されている武装。主に牽制や弾幕を張る時に使用される。「GNZシリーズ」の共通武装である。
GNビームサーベル
両腰部に1基ずつ格納されている近接戦用武装。
GNメガランチャー
本機の主兵装で、ガデッサの物のプロトタイプ。通常は2連装ビームライフルとして使用されるが、銃身を展開する事で強力な粒子ビームを発射できる。ただし、ライフルの銃身が2本の為にガデッサのそれと比べて威力は劣っている。
GNシールド
腕部に装着する実体盾。GNフィールドを形成可能で、ガラッゾのGNフィールド発生装置のベースとなった。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

ガンダムプルトーネブラック
設計ベース機。
ガルムガンダムE
ELSと融合した姿。
ガデッサ / ガラッゾ / ガッデス / ガガ
本機を元に開発されたGNZシリーズの機体。

商品情報[編集]

リンク[編集]