ELS

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

ELS(ELS)[編集]

劇場版 機動戦士ガンダム00」に登場する地球外生命体。
Extraterrestrial Living-metal Shapeshifter(地球外変異性金属体)の略称で、「エルス」と読む。

その名称からも分かるとおり、「金属生命体」である。彼らの能力は以下の通り。

ELSの生態[編集]

ELSには「個体」や「個人」と言う個の概念が存在しない群生物である。性別なども存在せず、他の物質を融合・吸収する事で増加・増殖をする。

コミュニケーション手段[編集]

脳量子派を用いて思考する為、超兵イノベイドイノベイターなどの脳量子波を扱える存在を認識する能力が高い。人類との初のコンタクトの際には接触・同化する事で意志を伝達しようとしていた。この行為は人類には侵略行為と見なされてしまい、地球連邦軍は戦闘行為による迎撃を試みる事となる。この迎撃行為がELS側に「人類のコミュニケーション手段」という更なる誤解を生みだす事となる。

ELSの能力[編集]

彼らの知能は高く、複雑な構造や原理も対象を取り込むことでそっくりコピーする。姿は勿論、動力炉やシステムも完璧に再現できる。
炭素生命体の機能も再現可能で、浸食してしまった一部のイノベイター(やイノベイターの素養がある人々)の浸食部分の機能を代行し、ハイブリットイノベイターとして社会復帰させている。

ELSの歴史[編集]

地球よりはるか遠く別の惑星系に属する木星型ガス惑星の海の中で誕生し、独自の進化を遂げていく。しかし、恒星の白色矮星化の影響で母星は焼かれ滅亡の危機に晒される事になる。
彼らは外宇宙へと活路を求め、自らの一部を切り離して脱出させる。幾つかの惑星への移住を試みるが、彼らの生存には適さない惑星や彼ら自身の重さに耐えきれずに死滅する惑星ばかりであった。そうして宇宙をさまよい続けて長い時を歴て、地球から発せられる微弱な脳量子波を検知し、地球へと飛来する事となる。

登場作品[編集]

劇場版 機動戦士ガンダム00
西暦2314年に木星のワームホールを通して出現し、まずはその近くを漂っていたエウロパの残骸と融合して地球へ向かう。
デカルト・シャーマンガデラーザの攻撃で破壊され、破片の一部は地球へと落下。しかし、いくつかは燃え尽きずに地球へと降り立ち、脳量子波を使えるイノベイターの因子を持つ人々へと接触を図った。
一方、宇宙に残った破片も再生してプトレマイオス2改の前に出現。駆けつけたティエリア・アーデラファエルガンダムの活躍で再度の破壊に成功するが、この時に刹那・F・セイエイがとった行動からELSに知性がある事が確認される。
やがて木星からELSの群れが出現し、地球へと進路をとる。地球連邦政府が派遣した調査隊やソレスタルビーイングと交戦状態となり、調査隊は全滅し、ソレスタルビーイングもラファエルとティエリアの肉体を失い、刹那が昏睡状態に陥る。
その後、再びELSの群れが木星から出現。地球連邦軍は全ての戦力を集めて迎撃し、ソレスタルビーイングもそれに協力。しかし、その圧倒的な物量で連邦艦隊に多大な損害を与えた。
最終的には復活した刹那との対話によって停戦。ELSは和平の証として巨大な花と化した。
西暦2364年には地球に留まったELS達は人類と共存関係を築いており、かつてELSとの接触で身体を侵食されてしまった人々の一部も「ハイブリッドイノベイター」として生活している。
ガンダム00 Festival 10 “Re:vision”
劇場版のその後が描かれており、劇場版での戦いで生じた甚大な被害に一部の人間が反発、反ELS組織結成の動きが見られ始める。
一部の組織は人類至上主義を掲げ、ELSと融合した人間を否定。彼らの襲撃・排除に動き出し、それを察知したCBはこの情勢が新たな紛争の火種になると判断。彼らに対して水面下での工作活動や武力介入を行い、組織の壊滅に尽力している。
さらに、CB側はこれに対応する為、ELS母星に向かう刹那とティエリアの後任のガンダムマイスター補充を急ぐ。そして、刹那とティエリア自身が選び出し、ヴェーダの承認も受けて加入させたのがグラハム・エーカーレティシア・アーデだった。
機動戦士ガンダム00V戦記
停戦後、ELS側から人類側へ外宇宙に存在する別の異星体に関する情報が提供された事が明かされている。

関連する用語[編集]

木星
イノベイター
ヴェーダ
GN粒子
GNドライヴ
ダブルオークアンタ
ELSジンクス
ELSガデラーザ
ELSガガ
ELSアスカロン
ELSバイカル
ELSダブルオー
相手を侵食、あるいは複数のELSが融合・変化して擬態した姿。
ELSダブルオーは漫画版のみ登場。
ELSクアンタ
ガルムガンダムE
ダブルオークアンタとガルムガンダムがそれぞれELSと融合して生まれ変わった姿。
イオリア・シュヘンベルグ

話題まとめ[編集]

資料リンク[編集]

リンク[編集]