ガルムガンダムE

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

GNZ-001E ガルムガンダムE(Grm Gundam E)[編集]

ガルムガンダムELSと融合した姿。フェレシュテの所属機である。
全身のカラーリングが金属色に変わり、各部の形状が丸みを帯びた生物的なものになっている。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士ガンダム00I 2314
パイロットはレオ・ジーク
ELSとの戦いの後に勃発したイノベイターと旧人類の戦争に介入すべく出撃した。
機動戦士ガンダム00V戦記
上記のその後が描かれている。
レオが旧人類軍ガデラーザ2機を脳量子波で説得するが、応答は無かった。その後、どうなったかは不明。

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

トランザムシステム(TRANS-AM)
元々はオリジナルのGNドライヴのブラックボックス内に組み込まれていたシステムで、機体各部のGNコンデンサー内に蓄積している高濃度圧縮粒子を全面開放する事で機体性能を通常の3倍以上に引き上げるというもの。ただし、限界時間がある上、使用後はしばらく性能が大幅にダウンしてしまうという短所もある。
旧人類軍との戦闘に介入する際、赤く輝きながら戦場へ向かっている姿が確認できる事から本機も使用可能と思われる。

武装・必殺攻撃[編集]

GNメガランチャー
本機の主兵装。右腕と一体化しているようである。ELS融合前との性能差は不明。
GNシールド
腕部に装着する実体盾。GNフィールドの展開機能が残っているかは不明。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

ガルムガンダム
ELSジンクス
ELSガデラーザ
ELSガガ
ELSクアンタ
ELSアスカロン
ELSダブルオー

商品情報[編集]

話題まとめ[編集]

資料リンク[編集]

リンク[編集]