ガガ

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ガガ
外国語表記 Gaga
登場作品
デザイナー 柳瀬敬之
テンプレートを表示
スペック
分類
型式番号 GNZ-004
頭頂高 18.1m
本体重量 26.4t
主動力 GNドライヴ[Τ]
装甲材質 Eカーボン
開発組織 イノベイター (イノベイド)勢力
所属 イノベイター (イノベイド)勢力
母艦 ソレスタルビーイング号
主なパイロット 量産型イノベイド
テンプレートを表示

概要 [編集]

イノベイターイノベイド)側が開発した擬似太陽炉搭載型モビルスーツ

「GNZシリーズ」の簡易生産型で、敵機に対して特攻を行う事に特化した仕様となっている。この為、コアファイターによる脱出機能は搭載されていない。擬似太陽炉は胸部に搭載され、トランザムシステムも使用可能。下半身はオミットされており、代わりにブースターユニットを1基装着出来る。また、腕部はマニピュレーターとしての機能が排除されており、代わりに脚部としての機能を持たされている。

なお、特攻兵器として開発された為か、装甲は薄いらしいという記述が小説版に存在する。パトリック・コーラサワージンクスIIIで3機をまとめて撃墜するという戦果を挙げられたのもその為かも知れない。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士ガンダム00(2ndシーズン)
第23話で初登場。パイロットはブリング・スタビティデヴァイン・ノヴァと同じ塩基配列パターンであるイノベイド兵。
外宇宙航行母艦ソレスタルビーイングに数百機配備され、ソレスタルビーイングとの最終決戦に投入された。これによってプトレマイオス2に損害を与え、カタロン地球連邦軍の輸送艦を撃沈したり、パトリック・コーラサワーの乗るジンクスIIIを撃墜する等の戦果を挙げた。また、誤ってレグナントに激突した機体もいる。
その後、リジェネと共にヴェーダを掌握したティエリアセラフィムガンダムのトライアルフィールドを発動させた事によって、全機が機能停止に陥っている。
ガンダムEXA
ピーニャ・ハーシーの戦闘訓練の相手として多数が登場。彼女の乗るスサノオに特攻を仕掛けていた。

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

トランザムシステム(TRANS-AM)
他のGNZシリーズと同様、トランザムシステムを搭載。特攻の際の加速に用いられる。
本機が擬似太陽炉搭載機でかつ特攻兵器である都合上、トランザム発動後は機体ごと使い捨てる形となる。
大型ブースター
本機の追加装備。機体の下部に1基装着可能。

武装・必殺攻撃[編集]

GNバルカン
胸部に2門内蔵している速射式の小型ビーム砲。本機の唯一の武装であり、「GNZシリーズ」の共通武装でもある。
特攻
トランザムによる加速を用いた特攻攻撃で、GNフィールドも突破可能。大量のガガが同時にトランザムを起動して特攻するその様はまるで「虫の大軍」のようでもあった。
画面が赤一色に染まる光景を観た視聴者からはよく「トランザム祭り」と言われている。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

ガガキャノン
連邦軍が接収したガガに追加武装を施した機体。
ガルムガンダム / ガデッサ / ガラッゾ / ガッデス
その他のガシリーズ。本機は開発順でガデッサの次にあたる。

商品情報[編集]

フィギュア [編集]

資料リンク [編集]

リンク[編集]