2020年2月5日(水)および2月19日(水)10:00~13:00に、上位プロバイダによるメンテナンスのため、wikiサービスの停止が発生します。ご利用のみなさまには大変ご不便をおかけしますが、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

スサノオ

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

GNX-Y901TW スサノオ(Susanowo)[編集]

アロウズ擬似太陽炉搭載型モビルスーツ
マスラオに更なる改良を加えた機体で、頭部アンテナの変更や左腕と背部にそれぞれガントレットとGNコンデンサーの追加等が行われ、各部の赤いパーツも白に塗り替えられた。武装も新たに腹部と肩にビーム兵器「トライパニッシャー」が追加され、欠点であった遠距離攻撃能力の低さを克服している。
勿論、改良前に引き続いてトランザムシステムも使用可能。

本機にもマスラオと同じく漢字表記があると思われるが、小説版では終始「スサノオ」表記だったのでどのように書くかは不明。名前の元ネタであると思われる「スサノオノミコト」は素戔男尊、素戔嗚尊等、建速須佐之男命(たけはや~)、須佐乃袁尊、神須佐能袁命(かむ~)、須佐能乎命、と実に多くの表記があるのでスタッフが決めなかったのかも知れない。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士ガンダム00(2ndシーズン)
パイロットはようやく正体を明かしたミスター・ブシドーことグラハム・エーカー
L5にある無人コロニー「エクリプス」にて刹那・F・セイエイ沙慈・クロスロードの搭乗するダブルオーライザーと交戦したが、トランザム同士の対決に敗れて大破している。その後の本機の行方は不明。

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

トランザムシステム(TRANS-AM)
元々はオリジナルGNドライヴのブラックボックス内に組み込まれていたシステムで、機体各部のGNコンデンサー内に蓄積している高濃度圧縮粒子を全面開放する事で機体性能を通常の3倍以上に引き上げるというもの。ただし、限界時間がある上、使用後はしばらく性能が大幅にダウンしてしまうという短所もある。
本機はビリー・カタギリレイフ・エイフマンの遺した資料を基に実証した独自のもので、擬似太陽炉搭載機では初めて使用可能となった。
GNフィールド
両肘と両肩にある突起から形成されるGN粒子のバリア。
この突起は姿勢制御用のバーニアの役割も兼ねている。
ガントレット
左腕に取り付けられている、エネルギーの逆流に対応する為の装備。防御にも使用可能とされる。
右腕に装備されていないのはブシドーが左利きな為。

武装・必殺攻撃[編集]

GNバルカン
胸部に2門内蔵されている速射式の小型ビーム砲。主に牽制等に使用される。
強化サーベル「シラヌイ」
本機の主兵装で、こちらは左手用。実体剣にマスラオのGNビームサーベル「ハワード」から移植したビーム発振器を内蔵させており、刀身部にビームサーベルをまとわせる事で、GNソードと同様に実体剣とビームサーベル両方の特性を兼ね備えさせる事に成功している。ミスターブシドーが左利きなため、右手用のウンリュウよりも刀身が長くなっている。漢字表記は恐らく『不知火』。
強化サーベル「ウンリュウ」
本機の主兵装で、こちらは右手用。こちらはGNビームサーベル「ダリル」からビーム発振器を移植している。刃渡りは「シラヌイ」より短め。漢字表記は恐らく『雲竜』か『雲龍』だと思われる。
強化サーベル「ソウテン」
「シラヌイ」と「ウンリュウ」を合体させ、頭部のパワーケーブルを接続して使用する武装。これによって、背部GNコンデンサーから直接粒子供給を受けられるようになっている。漢字表記は『蒼天』か『掃天』だと思われる。
トライパニッシャー
両肩と腹部に内蔵されている3門の粒子ビーム砲。発射されたビームはまず機体前方で球状に形成され、その後に敵機に向かって射出されるようになっている。
専属パイロットであるミスター・ブシドーの意向に反する装備ではあるが実験的に装備され、作中でも一度だけ使用された。
ちなみにスサノオのギミックが少ないが故に追加されたというメタ的背景があったりする。
ビームチャクラム
頭部アンテナの間からリング状のビームを発生させ、射出する事で敵機を攻撃する。こちらも上記のトライパニッシャーと同様の背景を有する。
GNクロー
腰部バインダーに1基ずつ追加された装備。主にトライパニッシャー発射時の機体固定等に使用される。

対決・名場面[編集]

ダブルオーライザー

関連機体[編集]

マスラオ
ブレイヴ一般用試験機
ブレイヴ指揮官用試験機
オーバーフラッグ
ノーヘッド
次期主力候補の競合機。

商品情報[編集]

話題まとめ[編集]

資料リンク[編集]

リンク[編集]